体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラッカーが説く「コップの水」理論とは?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名言を解説いただくコーナー。第8回の今回は、「コップの水」理論についてです。

【P・F・ドラッカーについて】

ピーター・F・ドラッカー(1909〜2005)は、オーストリア出身の著名な経営学者。激動のヨーロッパで古い価値観・社会が崩壊していくのを目撃。ユダヤ人の血を引いていたドラッカーはナチスの台頭に危険を感じて渡米、ニューヨーク大学の教授などを経て、執筆と教育、コンサルティング活動等に従事する。

ドラッカーが深い関心を寄せていたのは、社会において企業が果たす役割についてであり、生涯にわたって、組織内で人をよりよく活かす方法について研究、思考し続けた。「マネジメントの父」と呼ばれ、GE社のジャック・ウェルチ氏やP&G社のアラン・ラフリー氏など、ドラッカーを師と仰ぐ世界的な経営者は数多い。

f:id:tany_tanimoto:20170418171731j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

著名な経営学者であるP・F・ドラッカー氏の言葉に「私なりの解釈を付けて読み解いていく」というこのコーナー。

世界中に支持者を持つ一方で、難解と言われることも多いドラッカー氏ですが、残された著書を紐解くことによって、長年にわたり世界的企業の第一線で指導を続けた氏の真髄に触れることができます。これを機会にぜひ氏に親しんでいただき、氏の英知をご自身の仕事に取り入れていただくきっかけとなりましたら幸いです。

本日は、下記名言解説の1回目となります。

【本日の名言】

「コップに『半分入っている』と『半分空である』とは、量的には同じである。だが、意味はまったく違う。とるべき行動も違う。世の中の認識が『半分入っている』から『半分空である』に変わるとき、イノベーションの機会が生まれる」

(P・F・ドラッカー『イノベーションと起業家精神』)

世間でよく言われている「コップの水理論」。これは、コップに入った水を「『もう』と捉えるか『まだ』と捉えるか?」の違いについて述べたものです。ドラッカー氏は、コップの中の水が「もう」から「まだ」に変わったときに、「イノベーションが生まれる」と言います。

今回はこの名言の中から、仕事のヒントを見つけていくことにしましょう。

イノベーションを成功させる3つの条件とは

通常、世間では「イノベーションには才能やひらめきなどが必要」と考えられ、ある意味、人間の努力が及ばない神秘的なものと見なされる傾向があります。ところがそれを「仕事として体系化できる」と主張したのがドラッカー氏です。氏は、『イノベーションと企業家精神』(ダイヤモンド社)という著書の中で、イノベーションを成功させる3つの条件として、以下の3点を挙げています。

(1)ひとつの分野に集中する

氏は、他の箇所でも「一度に多くのことをしてはいけない」と再三述べており、イノベーションを起こすには、少なくともある一定期間はそれに特化すべきことが成功の条件であると定義づけています。

(2)「強み」を基盤とする

強みに集中すべき事例として、氏は「製薬会社が口紅や香水で成功することはあまりない」と言っていますが、この場合は自分たちだけで開発するのではなく、必ず化粧品の専門家をチームに入れるべきことを示唆しています。「製薬の知識×化粧品のノウハウ」という掛け合わせは相乗効果を生みます。

(3)経済や社会を変えるものである

現実に成功したイノベーションとはたいてい単純なものであり、他人に「なぜ自分には思いつかなかったか」と感じさせることが、そのイノベーションに対する最高の賛辞であると氏は述べています。

ドラッカー氏は、同書の中で「(イノベーションとは)限定された市場を対象に、小さな事業としてスタートしなければならない。変更がきくのは規模が小さいときだけである」と言っています。世の中にどれほどすごい変革をもたらしたイノベーションも、最初は小さく始まっているということです。

「いつ、どの市場に参入するか?」

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。