体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

飲み放題万歳!クラフトビール千円飲み放題を体験してきた(※ただし2点注意あり)

最近、飲み放題禁止の話題で世間が賑わっている。
いわく、「タバコの次は酒で今後段階的に規制されていくのでは?」という論調である。だが、一方で奇しくも「飲み放題の利点」も改めて見直されている。「会計がラク」「自分のペースで飲める」というものだ。そして、一点重要な視点が欠けている。「みんなハッピーになれる!」のだ。
 
今だからこそこの記事を世に問う!

これはおそらく日本一?安くクラフトビールが飲める店への潜入記である。

注意点をもったいぶらずに早々に明かす。

ビール好きがこぞって集うのがこちら「ビアホフ ガンバリウス」。

飲み放題ののぼりが立っているのがおわかりだろうか。記事のタイトルに「※ただし2点注意あり」と書いたが、早めに注意事項を明らかにしておこう。

一つ目はまず、この場所が鳥取であるということ(あ!無言で画面を閉じないで!)。「ビアホフ ガンバリウス」は鳥取県どころか西日本をも代表する大山Gビールの醸造所併設のレストランなのだ。

2点目は常に千円飲み放題をやっているわけではないこと。例年の実施概要をざっとまとめると以下の通り。

1~2月 → 公式HPのクーポンを見せた人だけが飲み放題
3月上旬~GW前 → 春の飲み放題
GW~9月 → なし
10月上旬~Xmas → 秋の飲み放題

今回は「春の大山 地ビール祭り」期間にお邪魔した。

楽しそうなオトナ達の姿をとくとご覧あれ!

店内に入ると巨大なドイツ国旗がお出迎え。欧風レンガ造りを基調とした、重厚かつビールが一層美味しく感じるインテリアがビアラバーを魅了する。

鳥取県の人口は60万人弱と日本で最も少ない。だが、千円飲み放題期間中は都内のように込み合う。確実に座りたいなら早めの予約をおすすめする。

さあ、席に案内されたら「ビール飲み放題お願いします!」と大きな声で告げよう。

ビールはセルフが基本なので、空のグラスが運ばれる。この哲学的に佇む空のグラスを手に、店内の一角にあるサーバーコーナーへ進むのだ。

かつては陶器のドラフトタワーが並んでいたのだが、この春から10Taps最新サーバーシステムが居並ぶ。

この日のラインナップはレギュラー4種(ヴァイツェン、ピルスナー、ペールエール、スタウト)に限定2種(八郷、IPA)を加えた計6種。これらが千円(税別)で飲み放題となる。あなたの好きなビアスタイルを伝えよう。ちなみに、ハンドルキーパーのためにソフトドリンクは400円(税別)で飲み放題。これも嬉しい。

大山Gビールの代表銘柄はWBA(ワールドビアアワード)という権威ある大会で世界一に輝いたヴァイツェン。飲みやすく1杯目にも向いているので、乾杯はぜひともヴァイツェンで行いたい。

あなたは最近、ここまで楽しそうなオトナ達を見たことがありますか?

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。