体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【体験レポ】生き物が食べ物になる瞬間 みやざき地頭鶏が炭火焼になるまでのドラマを追う

地球色した海岸の、潮風に抱かれ、地鶏が育つ。

宮崎県日南市。居酒屋“塚田農場”などを展開する、エー・ピーカンパニーが自社農場を持つ街だ。

鶏料理を出すためにヒヨコから育てる、この企業では、「屠殺」という言葉を使わない。

ある社員は言う。

「目的は、殺すことじゃない。食材として生かすことです」

こうした視点に立ったうえで、「屠殺」ではなく「放血(ほうけつ)」と呼ぶのだ。生きたニワトリをおいしい鶏肉にするために、血を抜く作業、ということで。

今回筆者は、新入社員のみなさんと共に地鶏農場と加工センターを訪れ、“生き物が食べ物になるまで”のドラマを見せて頂いた。農場でののどかな様子から、実際に放血をさせていただいた体験レポートまでをお届けしたいと思う。なお、血が苦手な方のために、放血作業の紹介に入る前には注意書きをし、写真は白黒に加工した。

農場の入り口。ニワトリをタヌキから守ってきた、ベテランおじいちゃん犬が警備中である(最近、彼女犬ができたらしい)。

おじいちゃん犬にクンクンされた結果、セキュリティチェックを通過したので、それではさっそく、農場の様子をお届けしよう。

学園みたいな地鶏農場

農場は、鶏の月齢ごとに区切られている。ちょうど、1年生から6年生までの教室に区切られた学園みたいだ。

生後1か月の鶏は、まだピヨピヨ言っている。ホッカイロみたいに温かく、心臓がドキドキしているのを手に感じる。新入社員が抱っこして、ゆらゆら揺らしてあげていたら、うとうと寝ちゃった鶏もいた。まだまだちっちゃな赤ちゃんだ。

先輩鶏のみなさん。焼き鳥を食べている時には考えもしなかったが、ニワトリにも、いろんなキャラのやつがいる。ふかふかの土に座ってのんびりしているやつから、全身ブラックでキメているやつ、いかした髪型で走り回っているやつも。

中には、いじめられっ子もいる。

いじめられっ子の“B品ちゃん”

鶏の世界にもいじめがある。写真の彼女は、生まれつき口が曲がっていて、他の鶏たちにつつき回されボロボロになってしまった“B品”だ。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy