ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

万が一のミサイル攻撃に備えて、スマートフォンで「Jアラート」を受信できるよう設定を見直す

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
朝鮮半島情勢が緊迫感を増しており、明日 15 日以降には米軍による北朝鮮への先制攻撃が行われるのではないかという憶測が流れるほど、今後の朝鮮半島情勢は全く予測できない状況です。こうした中、「J アラート(全国瞬時警報システム)」が発動した場合に、確実にスマートフォンで情報を受信できるように設定を見直しておくことは、万が一に備えるという意味で重要です.「J アラート」は、弾道ミサイル、航空攻撃、大規模テロなどが政府から発表されると、その情報を基にした警報が影響を受ける地域に伝達するシステムで、市町村の防災無線や屋外スピーカーから警報が流れるほか、携帯電話やスマートフォンにもエリアメールや緊急速報メールで情報が配信されます。国内キャリアのスマートフォンにはキャリアが提供している「エリアメール」「緊急速報メール」がプリインストールされており、J アラートの情報も受信できるようになっています。あとは設定を見直すだけです。一方、MVNO や SIM ロックフリースマートフォン、海外端末は対応が不十分の場合があります。そういう時の対処は Yahoo! Japan が提供している「防災速報」をインストールすることをおすすめします。「防災速報」は地震や津波、洪水などの自然災害だけではなく、J アラートの受信にも対応しています。基本的にはアプリをインストールして現在または特定の市区町村を登録するとそのエリアに発せられた警報を受信するようになります。アプリ設定メニューの「国民保護情報」が J アラートの設定メニューなので、これが ON になっていることを確認します。「防災速報」(Google Play)参考:国民保護ポータル(内閣官房)

■関連記事
Galaxy S8 “Active”の噂が浮上
Xperia用ギャラリーアプリ「アルバム」にカメラロールが追加
ASUS、台湾版Suicaが使える「ZenWatch 3悠遊カードモデル」を発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。