ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

秋葉原歩きで疲れたときに押さえておきたいお店3選【まとめ】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:Meshi2_IB:20161107094636j:plain

秋葉原に行くたびに何を食べようかとウロウロして、結局、激安SDカードなんか買って帰宅するメシ通編集部です。

買い物だったり、アイドルのライブだったりと、なにかと訪れる機会が多い秋葉原なのですが、歩き回って疲れることが多いんで、ちょっといやされるお店に寄ってから帰りたいと思うんですよ。

ってことで、今回は定番の立ち食いそば、「米線」、 フクロウカフェ……と、まったくジャンルはかぶらないけど、いずれもいやされて疲れが取れる3店をご紹介しましょう!

1店目は、立ち食いそば屋で「そば抜き」?

東京屈指のまっ黒なツユの秋葉原「岩本町スタンドそば」で小粋にソバ抜き天ぷら飲み【東京ソバット団】

f:id:Meshi2_IB:20161107100154j:plain

東京ソバット団、今回は「立ち食いそば天国」秋葉原にやってきました。

今回紹介するのは、その中でも真っ黒ツユにゆで麺という、もっともオーセンティックなそばが食べられる「岩本町スタンドそば」。創業40年以上、近隣のビジネスマンに愛され続けてきた老舗です。

f:id:Meshi2_IB:20161107100617j:plain

しかし、今回はここで、そばを食べずに酒を飲んでしまおうと目論んでいるのです。

実はマニアの間では、①天ぷらを単品で②ビールを飲んで③締めにそば、というたまらん使い方ができるお店として知られているんですが、今回はそんな飲み屋さんとしての魅力をじっくりと探るべく、乗り込んだのです。

ビールで乾杯して、さっそく天ぷらをいただいてみましょう!

f:id:Meshi2_IB:20161107101009j:plain

こちら上から時計回りにイワシ天、さつま揚げ天、ちくわ天にソーセージ天。人気メニューのゲソ天は残念ながら売り切れ!

f:id:Meshi2_IB:20161107101112j:plain

こいつを「岩本町スタンドそば」名物の真っ黒くて濃い~ツユにどっぷり漬けてかぶりつけば……いや~、ビールがすすみます!

f:id:Meshi2_IB:20161107170857j:plain

深山とろろ!

f:id:Meshi2_IB:20161107170947j:plain

チャーシュー!

そして、いよいよ、裏つまみメニューをお願いします。

f:id:Meshi2_IB:20161107171109j:plain

コロッケのカレーがけ!

f:id:Meshi2_IB:20161107171153j:plain

カツ丼のご飯抜き!

みなさん、うすうすお気づきかもしれませんが、こちらご飯モノが充実していまして、天丼カツ丼とろろご飯にカレーライスと、いやもう全方向に対応しているお店なんですよ。

そして、締めはざるそばと、なんと、とんこつラーメン!

ちょい飲みのつもりが、ついがっつり飲みになってしまったソバット団だったのでした。

www.hotpepper.jp

お次は、初体験の雲南料理。

秋葉原に中華の秘境見つけたり。「過橋米線」で激レアな雲南料理を食べる

f:id:Meshi2_IB:20161107171819j:plain

雲南省は中国南部の山岳地帯。ミャンマー、ラオス、ベトナムと面する国境の町でもあります。

おそらく日本人で行ったことのある人は数少ない、どんなところか、どんなものを食べているのかを知る人も少ない、そんな雲南省の料理が食べられる店が秋葉原にあるのです。

f:id:Meshi2_IB:20161107201820j:plain

雲南料理の店「過橋米線(かきょうべいせん)」は、秋葉原の電気街からほど近く、都営地下鉄の末広町から徒歩1分。

さて、どんな料理なのでしょうか?

f:id:Meshi2_IB:20161107202445j:plain

さて、お通しはピーナッツとキュウリ。小皿料理は30種類もあり、すべて298円。

f:id:Meshi2_IB:20161107171819j:plain

代表的な雲南料理である「薬膳気鍋鶏(やくぜんきなべどり)」(894円)。

お店のウェブサイトには「雲南料理に使われる汽鍋(チーグォ)という、独特の形をした鍋に、食材と薬材を入れた料理です。まるで小さな、しゃぶしゃぶ鍋なのですが、穴が小さいところがポイントになります。蒸気を循環させて、中に入れた食材や漢方薬は時間をかけて蒸します」と紹介してあった。

f:id:Meshi2_IB:20161107202858j:plain

脂っこいのに、身体の中から健康になっていくような、滋味深いスープだ。塩と少しの香辛料しかつかっていないのに、独特の濃厚さがある。表面には鶏の脂がギトギト浮いており、この脂と薬膳の効果なのか、身体が温まる感じ。

f:id:Meshi2_IB:20161107203058j:plain

老江湖豆腐」(ロウジャンフードウフ、745円)。一見すると、天津飯か麻婆豆腐風。ところがレンゲで割って、口の中に入れると、厚揚げの中には餃子の具(ひき肉)という意外な組み合わせ。厚揚げの上にかかっている麻婆豆腐のタレという組み合わせも面白い。

f:id:Meshi2_IB:20161107203254j:plain

お店の名前にもなっている雲南省の伝統料理「伝統雲南過橋米線」(894円)。

食べ方はかなり独特だ。麺以外の具は、鶏肉、豚肉、宣威ハム、チャーシュー、いかの皿、鶉卵、湯葉、もやし、豆苗の小皿。この順番でラーメン鉢に入れていくよう、店員さんから助言された。

f:id:Meshi2_IB:20161107203448j:plain

麺を入れて……

f:id:Meshi2_IB:20161107203619j:plain

具を入れて食べてみる。あっさりしているけど具だくさんな鶏だしのラーメン風。麺はラーメンにしてはやや太めで、色も白いので、ちょうど稲庭うどんのよう。

f:id:Meshi2_IB:20161107203740j:plain

シメは「普洱茶(プーアル茶)」(298円)をホットで。このお茶、実は雲南省が原産のお茶なのだ。血圧を下げ、血の巡りを良くする効果があり、専門店で買うと値段はピンキリ。

全体的に薬膳料理のような感じもあり、体に良さそうです。

秋葉原でちょっと疲れた時に寄ってみるのもいいかも。

www.hotpepper.jp

次は、フクロウと一緒に「ヒョイ飲み」!

【フクロウカフェ】秋葉原でフクロウにふれあいながらビール【ヒョイ飲み】

f:id:Meshi2_IB:20161107204551j:plain

最近流行りのフクロウカフェ。色々な場所に、色々な形態のフクロウカフェがありますが、ここ秋葉原の「アウルの森」は、フクロウをモフモフしながらビールが飲めるんですよ。

そこで、メシ通レポーター・安田理央氏が恒例の「ヒョイ飲み」をしてきました。

f:id:Meshi2_IB:20161107204947j:plain

なるほど、受付からして植物に囲まれて森のようです。

入場料は一時間890円でソフトドリンク1杯付きだそうです。

「あの、アルコールがあるって聞いたんですけど」

受付のお姉さんに聞きますと、別料金で500円とのこと。モヒートやジントニックなんかもありますが、ここはビールにしておきますか。

f:id:Meshi2_IB:20161107205245j:plain

わ、置物かと思ったら、本物のフクロウだ。

トラフズクのトラちゃんですか。このお店、こんな風にあちこちにフクロウがいるんですが、じっとしている子が多いので、置物と勘違いしちゃうんですよね。

f:id:Meshi2_IB:20161107205445j:plain

そしてまぁ、お店のいたるところにフクロウがいるのですよ。

その数、約20種類30羽以上!

こちらは、最近人気のメンフクロウ。

f:id:Meshi2_IB:20161107205709j:plain

『ハリー・ポッター』でおなじみのシロフクロウもこんなにいます!

f:id:Meshi2_IB:20161107205836j:plain

「この子はマレーワシミミズクのマレーちゃんです。国内初ブリード(繁殖)なんです」とお姉さんが教えてくれます。そんな超レアなフクロウですが、ふれあえるんですね。さわるときは手の甲で、頭の後ろや胸をなでるのが基本。

f:id:Meshi2_IB:20161107210021j:plain

今回の目的の、フクロウと一緒のヒョイ飲みもできました。

フクロウを肩に乗せながらビール。これ、ものすごく幸せじゃないですか? いや、さっきやってみてわかったんですが、片手に乗せながらビール飲むのはちょっとキツイ(笑)。ビールを飲むなら肩乗せですね。いや、ま、もちろん無理してビール飲む必要はないんですけどね。

秋葉原でメイドカフェもいいけど、時々フクロウカフェにしてみるのはどうでしょう?

www.hotpepper.jp

秋葉原でちょっと疲れたとき、この3軒を思い出してみてくださいね!

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:メシ通編集部

メシ通編集部

メシ通編集部です。 Twitter:@mesitsu

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【炒飯よりウマい】材料切ったら3分! エダジュンの「パクチージャンバラヤ風」
『笑点』のディレクターから転身。美人女将が切り盛りする落語が聴ける小料理屋さんで粋な夜を
【葉っぱは食う? 食わない?】満開の桜の下で桜餅を味わいたい【甘党無宿】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。