ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

秋葉原レトロゲームショップ最前線 ~『ミスタージャン』の巻~

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ガジェ通をご覧になっている皆様お久しぶりです。もし誰だか解らなければ過去の連載を読んでね。

秋葉原レトロゲームショップ最前線 ~『エクスターミネーション』の巻~

http://getnews.jp/archives/1653953

秋葉原の地下1Fにあるレトロゲームショップで店長をやっているエクイテス駒林です。ガジェット通信さんも協力してくれた『テグザー』のカラーレジンキットが好評発売中なので買って下さい。A2サイズの格好良い復刻ポスターもあります。

今回原稿を掲載してくれるとの事でまたBEEP秋葉原店にてフリープレイ、つまりタダで遊べるアーケードゲームの紹介をしようと思います。

『ペ●ゴ』と麻雀の悪魔合体!『ミスタージャン』

皆さん、麻雀はお好きでしょうか? 私はゲームアーツさんから出た『ぎゅわんぶらあ自己中心派』が大好きです。今回紹介するのは麻雀アクションゲーム『ミスタージャン』になります。
一時期『エクスターミネーション』が動いていたエアロシティではなく、店の壁際にある黄色い筐体で稼働しているのが『ミスタージャン』となります。固定画面のアクションパズルゲームで、敵を避けながら麻雀牌を集めて役を作るとステージクリアです。本当にざっくばらんに言いますとセガ(コアランド)の名作『ペン●』に麻雀要素を取り入れた作品となります。名作ゲームである『●ンゴ』とテーブルゲームの決定版である麻雀を混ぜて面白くない訳がない、といいますか普通に今遊んでも面白いです。

ルール自体は単純なのですがレトロゲームだけに不親切な要素もありますのでインストラクションカードを読んで下さい。その中で説明されている中でも重要な要素は以下になります。

・ボタンを押しっぱなしにして牌に触ると1ステップだけ動く
・パワーサイコロを食べると(凄い表現)移動速度が上がるのでこの間に集める
・牌を壊すと新しい牌が出てくる

1000点も64000点もキミ次第

普通の麻雀ゲームと決定的に違うのは「自分で好きな牌を持ってこれる」事です。フィールドに散らばっている麻雀牌を自分で選んでくるのがゲームの基本となり、多面張(タメンチャン)だけど完成させられない組み合わせよりも近くで完成させられる嵌張(カンチャン)や辺張(ペンチャン)の方が求められます。つまり自分の近くにある牌でいかにして高い役を作るかという判断力が求められるゲームなのです。この手のゲームですとMSXとかで出た『パイパニック』がありますが、『パイパニック』は一つ一つ牌が出るのに対し『ミスタージャン』は一気に表示されますので、よりエキサイティングです。

また「自分で好きな牌を持ってこれる」という事は自摸のみ(1000点)の和了と役満(32000点)の和了が同軸に存在するのです。自分で牌を拾ってこれるのでから字一色、四暗刻、大四喜も作れちゃう訳です。これはもうインチキ脱衣麻雀とか例の美少女麻雀漫画もビックリの手役ですよ。

役の完成の為には一苦労しますが、その分得る物(スコア)は大きいです。ネームエントリー時には到達ステージと役満和了数もカウントされるので、ゲームデザインとしては役満を狙いに行くのが正攻法だと思います。役満なんてそうそう和了れないからこそ、君も『ミスタージャン』でチャレンジ!

何故か2017年に出た新作

麻雀と『ペン●゛』好きならハマること間違い無しの『ミスタージャン』ですが、本当に何故か2017年の今リメイク作品が出ました。

BEEP秋葉原店でも売っている『アクション麻雀』がまさにそれで、1人用の『ミスタージャン』を4人用へと作り変えています。ライバルは3人いるので、近くの牌で手役を早く高く作るかという力がより試されます。メチャクチャ楽しめるのにお値段は1500円と消費税。『ミスタージャン』帰りにおひとつ如何でしょうか。

BEEP秋葉原
営業時間
月曜~金曜 17:00~21:00
土日祝日  11:00~20:00
〒101-0021
東京都千代田区外神田3-9-8 中栄ビルB1F
Tel:03-6206-9116
http://www.beep-shop.com/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: エクイテス駒林 (BEEP秋葉原店店長)) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。