ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

最終巻が発売された「アイアムアヒーロー」の『Amazon』レビューが大荒れ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
amazon_hero

2009年に『ビッグコミックスピリッツ』で連載が開始され、今年2月に最終回を迎えた花沢健吾先生の「アイアムアヒーロー」。昨年4月には大泉洋さん主演で映画化もされた。

シリーズ累計800万部超。
青年漫画の金字塔、ここに完結。
2009年、
『アイアムアヒーロー』連載開始。
ZQNと呼ばれる謎の感染症が蔓延し、主人公の漫画家・鈴木英雄の日常は、突如パニックに陥る。
そして…
2017年、
英雄の物語は、漫画史上かつてないミニマムかつダイナミックな終わりを迎える。

3月30日に最終巻22巻が発売されたのだが、「ミニマムかつダイナミックな終わり」に納得いかなかった人が多かったのか、『Amazon』のレビューが大荒れとなってしまっている。

4月4日の時点で、126のカスタマーレビューがついているのだが

星5つ13
星4つ 15
星3つ 12
星2つ 11
星1つ 75

という状態。星1つのレビューは
「お金の無駄でした」
「残念」
「最悪」
「これは酷いなぁ」
「やってくれたな!花沢先生!悪い意味でだ」
「ネタ尽きて終わらせた感がすごい……」
といった辛辣な題目が並ぶ。
星5つのレビューには
「賛否両論かも知れませんが、個人的には良い漫画だったと思います。」
「オレ的には面白かったですよ。」
「読み終わって、良い読後感を得られました。」
といった意見もあったのだが……。

また、第1巻のレビューに、最終話掲載以降に
「22巻まで読んで思ったけど、買わなければ良かった」
「最終巻まで読みました。時間の無駄でした。」
等、星1つもしくは2つのレビューがいくつかつけられるなどして波紋が広がっている模様である。

※画像は『Amazon』アイアムアヒーロー(22) (ビッグコミックス)
https://www.amazon.co.jp/dp/4091893791/[リンク]
のページより

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。