体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「あの人だけは絶対に許さない!」源氏が根に持つ”小心者の義父”……世の移り変わりに翻弄され源氏復帰の影で笑った人や泣いた人 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「近くにいても逢えないほうが寂しい」ご無沙汰の恋人詣で

帰京後、社会復帰を果たし、大臣という重職に就いた源氏ですが、プライベートは波乱含み。何と言っても明石の君とちい姫の件で、紫の上のご機嫌取りが大変です。せっかく戻ってきたのに、かつての恋人・愛人へはずいぶん不義理を働いていました。

やっと落ち着いた梅雨の間に、源氏は久しぶりに花散里の元へ。離れている間も源氏は援助を惜しみませんでしたが、何年かぶりに訪れた屋敷はますます荒廃していました。

それでも花散里とその姉・麗景殿女御は相変わらず慎ましく、穏やか。「水鳥が鳴くたびに戸を開けるけど、いつも入ってくるのは月の光ばかり…今日は珍しくあなたが来てくださったのね」。源氏がめったに来ないことをそれとなくいう様子も嫌味ではなく、源氏はやっぱり見捨てられない女だと思います。

水鳥が鳴くたびに戸を開けていたら、私以外の月も入ってくるかもしれない。それじゃ困るね」。源氏は冗談でこう言いますが、花散里が浮気などするはずもない。長く逢わないでいても大丈夫、ある意味安心して放っておけるのも、花散里だからこそです。

それでも源氏が京に戻ってからすぐ来なかったのは堪えたらしく「あなたが須磨に行かれた時は、これほどの悲しみはないと思ったものだけど…お戻りになってから逢えない方が寂しかった」。ヒネるとか、持って回ると言ったところのない、花散里の素直な訴えは源氏の胸を打ちます。

実直さこそ、花散里の最大の武器。でも、ここまでアクがないとちょっとリアリティがない感もあり、怒ったりプライドが邪魔して素直になれない方が共感出来る気もします。

「出世したのはいいが、身動きが取れなくなるのはかなわない。面倒なものだ」。源氏の公的な立場は、プライベートを圧迫していきます。以前のようなお忍びデートも難しいため、過去の女性たちを一同に集めようと、源氏は本宅の二条院の東の建物を増改築します(二条東の院)。ここに明石の君も呼ぶ予定で、工事は急ピッチで進められていました。

気楽にエンジョイ?権力に未練?朱雀院周辺のその後

過去の女が忘れられない性分の源氏。あの朧月夜にもまだ未練がありました。冷泉帝の即位後、朱雀院について宮中を出た朧月夜は、源氏から誘いの手紙が来ても今は全く相手にしません。源氏は向こう見ずな朧月夜との危ない恋が懐かしい。そして、結局は兄に負けた気がして悔しいのかも。

朱雀院は退位後、たびたび趣味の音楽会などを催して、気楽な毎日をエンジョイ中。悲観していた体調も回復し、ストレスから開放されて生き生きとしています。母・太后と妃たちも一緒ですが、新しい皇太子の母(承香殿女御)だけは宮中の東宮御所にいます。この人は朧月夜に圧倒され続けていましたが、皇子を産んだことで一転、出世の道が開かれました。

朱雀院も朧月夜に「子どもがいれば」と言っていましたが、愛されても子どもが授かるとは限らないのが難しいところ。愛され続けているが将来が不安定な朧月夜と、愛情はそこそこだけど、子どものお陰で安泰な承香殿女御。どっちがいいのか、一概に言えませんが…。

太后は復権した源氏を恨み「世の移り変わりは本当に嫌だこと」とボヤきっぱなし。病気や老いも手伝って、息子の朱雀院に当たることもあり、優しい彼でさえ持て余すことがあったとか。年を取ってなおカドカドしい太后…ああ、毒母。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会