体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【BOATRACE女子】女子王座決定戦まもなく開幕 『BOATRACE』初心者が楽しむポイントは?

【BOATRACE女子】女子王座決定戦まもなく開幕 『BOATRACE』初心者が楽しむポイントは?

以前は「競艇」の名称で知られていた公営のモーターボート競技、現在は「BOATRACE」という名称になったことはご存知でしたか? ネットで舟券が買えたり、レースもストリーミングで視聴できたりと、実はネットと相性がよくなってきている『BOATRACE』について、「ガジェット通信で女子王座決定戦の取材をしませんか?」と声をかけていただいたので行ってきました。全3回のシリーズで、『BOATRACE』と女子王座決定戦の見どころ、注目選手インタビュー、そして優勝者へのインタビューをお届けします。

第1回はBOATRACE振興会 広報部広報課の小林真菜美さんに、これから『BOATRACE』を見る初心者にも分かる『BOATRACE』の観戦ポイントやその魅力、2月28日に開幕する華やかな女子王座決定戦の見どころを聞きました。

※記事には図や写真を多数掲載しています。すべての写真が見られない方はガジェット通信をご覧ください

まず“スピード感”を見てほしい

“スピード感”が魅力

ガジェ通:初めて今から『BOATRACE』を見てみようという方に、見て面白いポイントを教えていただきたいのですが。

小林:約80mk/時で疾走するボートを水面際で見ると迫力を感じることができますし、ターンマーク(コーナーに設置されたブイ)を回る瞬間は選手にとっても駆け引きの場です。ターンの仕方によって、後ろの選手は水しぶきや水の流れを受けるので、そういったところからどういうふうに後ろのボートが動くのかというところを見ていただけると楽しめると思います。

実際にレース場へ行くと、スタートラインを6艇が全速力で越えるときの音ってすごいんですよ。結構音っておなかに響くんだなって実感することができます。ウェブで見ていただくとなかなか感じないので、本当は生で見ていただくのが一番面白いと思うんですよね。ボートの重さが150~160kgなのですが、それが80km/時で目の前を通過していくというのは、なかなか日常では体験できないですよね。

レースの流れ

レースコース

ここで、『BOATRACE』ではどういう流れでレースが展開するのかを見ていきましょう。レースコースは1周600m。コーナーにはターンマークが設置され、スタート後に最初に回るマークを「1マーク」、次に回るマークを「2マーク」と呼びます。6艇はスタート後の直線から1マークをターンして、ふたたび直線を走って2マークをターンして周回。合計3周して着順を決定します。

待機行動

レース前にボートが待機するピットは2マーク側にあり、ピットから出た6艇は2マークを周回する「待機行動」をとります。6艇それぞれは自分が走行するコースを自分で決めることができ、待機行動中に6艇がどのコースに入るかの駆け引きを展開。スタート30秒前にはほぼコースが決まり加速を開始し、スタートの瞬間を目指して全艇が全速で走行します。

1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。