体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大きな器から頭と尻尾がはみ出して……天然大海老フライ専門店「AB-kitchen」に行ってきた【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170318210314j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのsenaです。

今回は天然大海老フライ専門店の「AB-kitchen」におじゃましてきました。

大阪の堺筋本町にあるこのお店は、みんな大好きエビフライを専門にしています。

f:id:mesitsu_lc:20170318202021j:plain

2016年9月にできたこちらのお店は、白と深い青を基調とした外観が目印。

f:id:mesitsu_lc:20170318202150j:plain

個人的にエビフライは大好きなんですが、その海老が天然大海老ともなると……行ってみないわけにはいきません。

f:id:mesitsu_lc:20170318202444j:plain

食券を買うシステム。

f:id:mesitsu_lc:20170318203813j:plain

エビフライ大好きなので、今回は天然エビ2本盛りセット、しかもサイズ(大)を注文。

エビフライでここまでぜいたくできるなんて、エビフライ好きにはたまりません〜。

注文している間に、店長の亀谷さんにお話をうかがいました。

天然大海老とは……

──エビフライの専門店にしようと思ったきっかけは何ですか?

「みなさん世の中に出ているエビに満足しているのかな? っていうのがあって、かぶりついて食べられるエビフライを作ろうと思ったのがきっかけです。

頭まで出せるエビっていうのは鮮度が保たれている状態です。その鮮度が高いエビをおいしく食べていただきたかった。エビ自体が空気に触れると殻が黒っぽくになるんですが、それを防ぐために酸化防止剤を使われているエビもあって……みなさん黒くなっているエビって案外手に取らないんですが、実際は黒くなっているエビの方が新鮮でおいしいんです」

──それは知らなかったです!

「養殖のものになると大半は酸化防止剤が入っているので、そういう意味でも安心安全なエビをみなさんに食べて欲しいっていうのが一番です」

──エビの大きさも2種類あるんですね

「大きなエビはシータイガーと言って、漁獲量が少なく市場にあまり出回っていない希少種で、養殖ブラックタイガーの天然原種です。中エビはオーストラリアタイガーと言って甘みの強さが特徴的な海エビです」

──お客さんの層はどんな感じですか?

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会