体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アキバをそのままパリに」 オタクカオスが凝縮された『パリ・マンガSFショー』体験記レポ

parisSF1

フランスといえば、ヨーロッパ最大級の日本文化消費国。その好奇心の対象は浮世絵などのアートから文学、柔道などの武道から盆栽までと際限ないが、中でも注目すべきはやはり「オタクカルチャー」。ネットの進歩によって日本人とフランス人がリアルタイムで同じ作品を楽しみ、感想を共有するような時代である。

そのフランス・パリで1大オタクカルチャーイベント『パリ マンガSFショー』なるイベントが開催され、もちろん筆者はこれに参加してきた。これがまたとんでもないカオスだったのだ。
例えば、トップ画像のジュウレンジャー。「何故今ジュウレンジャー!?」「何やってんの?」等様々な疑問が湧くが、このようなフランス人が会場に大挙して押し寄せていたのだ。想像の斜め上を行くフランス人のオタクカルチャー受容具合にド肝を抜かれてきたので、その一部始終をレポートしていきたい。

パリ マンガ&SFショー(Paris Manga & Sci-Fi Show)
開催日 2017年3月25・26日
開催場所 パリ ポルト・ド・ヴェルサイユ(メトロ12番線)
チケット代 当日14ユーロ(2日券は27ユーロ) 

関連記事:
【画像】美男美女が萌えからSFまで多種多様! 2017年パリマンガ&SFショー・コスプレまとめ
http://getnews.jp/archives/1673972 [リンク]

会場は何でもござれなカオス空間

parisSF66

会場となったのはパリのコンベンションセンターの一角。広さ的には東京ビッグサイトの東ホールの1つを半分にしたくらいの規模で、そこまで大きくはなかった。しかし入場者の数はかなりのもので、一時はコミックマーケット時の東西連絡通路ほど混雑する様子も見られた。

会場では小売、人作家の小さいブース無数に軒を連ねており、その他大型ステージやゲーム試遊コーナーが配置されていた。

例えば小売ブースでは、模造刀や剣が販売されており多くの客を集めていた。日本ではあまり見かけない光景だが、ポン刀を抜き身にして吟味するフランス人は非常に絵になる。日本に関連するものであれば何でも売っていたと言っても過言ではなく、「うまい棒」などの駄菓子、スカジャンや浴衣などを販売するアパレル、ガンプラにフィギュア、そして後述するマンガやゲーム作品など、秋葉原によくあるタイプの商品は一通り揃っていた。まるでパリの「リトル・アキハバラ」にでも来たかのようだ。

parisSF73

中にはこのような怪しげな店も数多く出店。呪詛のように「カワイイ 兎 日本 原宿」のフレーズが壁一面に敷き詰められているが、販売されているのは至って普通の小物やTシャツなど。

parisSF98

勿論、参加者の気合の入り方も半端ではない。「一狩り行ってくる」と背中が語っているような猛者から、子供連れの家族、どう考えてもシャンゼリゼ通りにいるような美男美女カップルなど、誰でも気軽に訪れている印象だった。

1 2 3 4次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。