ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『百合展2017』を拝観しよう! ~業界横断百合イベント再臨~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ヴィレッジヴァンガードにて個人・企業の枠を超えて数多のクリエイターの百合作品が展示され話題となった『百合展2016』。あの素敵空間が再び現世に降臨した。
『百合展2017』は時期を分けて東京と大阪で開催。
東京では2017年3月18日(土)から3月26日(日)まで池袋マルイ7階催事スペースにて。
大阪では2017年4月1日(土)4月9日(日)まで梅田ロフト3階ロフトラボで行われる。
今回の百合展は参加クリエイター数も増えてグレードアップ。百花繚乱に咲き乱れる百合風景を拝観してきた。
そのラインナップを独断と偏見でふりわけたカテゴライズでご紹介する。

おねロリ

伊藤ハチ先生の作品からは『月が綺麗ですね』(一迅社)と『ご主人様と獣耳の少女メル』(kADOKAWA)が出展。洋風和風の世界観で縦横無尽におねロリ及びに同性婚を描きあげる世界一のおねロリスト・伊藤ハチ先生。その原画は尊く可憐で鮮やかだ。

江島絵理先生の『柚子森さん』(小学館)は女子校生みみかが小学生の柚子森さんに一目見たその日から服従に近い何かを抱いてしまうジェットコースターおねロリ漫画。おねロリというより犬ロリでは? と思わざるをえないみみかの表情が愛しい。麗しい柚子森さんの原画には神々しささえ漂っている。

玄鉄絢先生の作品『星川銀座四丁目』はKADOKAWAより新装版が出たばかり。掲載当時は『おねロリ』という概念はなかったであろうが、これは間違いなく良質なおねロリ作品。正当な手続きを踏んで生活を共にしようと志すストーリーは百合版『紫の上』と呼べるだろう。あたたかみのある色彩の前ですべての疲れがデトックスされる。

学園百合

雨隠ギド先生の『終電にはかえします』(新書館)は名作揃いの百合短編集。特に表題作はマイルドヤンキーなツネとあざとすぎる美少女あさきの恋模様が秀逸。女の子としての人生計画を緻密に立てていた主人公が、ある瞬間にタガが外れ我を忘れてしまう。その忘我の出会いが泣けるほどに切なく愛おしい。表情豊かな原画の前に日本語を忘れてしまう。

缶乃先生の『あの娘にキスと白百合を』(KADOKAWA)はリリックな世界観のうちにも少女たちの喜怒哀楽が散りばめられた珠玉のシリーズ。作者が『マリア様がみてる』(今野緒雪著・集英社)を愛好していただけあって心情描写が丁寧。妖精のような少女たちのイラストの中に入ってしまいたい。

高嶋ひろみ先生の『加瀬さん』シリーズ(新書館)は二人の少女の関係性が徐々に進展するさまが描かれた作品。隣のクラスのちょっと男の子みたいな女の子・加瀬さんと、主人公の少女・山田の特別な感情が育っていく過程が堪らない。加瀬さんに見つめられて落ちない女はいないのだ。なんと、今回の『百合展2017』ではアニメ化を予感させるポスターが登場。今後の展開が見逃せない作品のひとつだ。

岸虎次郎先生の『オトメの帝国』(集英社)は女子校の無邪気な少女らの生態を描写した作品。あまりに無防備であまりに不可思議。おばかな仲良し綾乃(あやの)と美好(みよし)から始まり、外見も気質も正反対のあーちゃんとちえなど百合っぷるが満載。むちむちした肉感のある原画を前にして免疫が増える一方だ。

片想い

平尾アウリ先生の『推しが武道館いってくれたら死ぬ』(徳間書店)は地下アイドルCham Jamの舞菜(まいな)を全力で推す主人公・えりぴよの究極の愛情表現が見逃せない作品。どんなに塩対応されても舞菜推しな主人公。舞菜が冷たい理由には悶絶せざるを得ない。今回のグッズのなかでもcham JamのTシャツは語彙力を失わせてくれた。とてもいい。とてもいい、リアル。

仲谷鳰先生の『やがて君になる』(KADOKAWA)は話題の百合作品。「好き」という感情が訪れない主人公・侑(ゆう)は、同志だと思っていた生徒会長の燈子(とうこ)から、「好きになりそう」と言われてしまう。硬質なタッチのうちに独特の緊張感が根差す物語。美麗すぎる原画の前で張りのあるあの頃の艶やかな素肌が蘇る。

小林キナ先生の『ななしのアステリズム』(スクウェア・エニックス)は三角関係ならぬ五角関係を描いた作品。主人公の司(つかさ)は親友の撫子(なでしこ)が好き。けれど、撫子は…? 友達でいることすら危うい気持ちを清新なテイストで描ききっている。ガンガンONLINEで最終回を迎え4月22日には完結巻となる5巻が発売予定だ。初々しい少女たちの恋心の表現された原画の前にひれ伏したい衝動を堪えるのが大変だ。

同居百合

サブロウタ先生の『citrus』(一迅社)はアニメ化企画も進行中のシリアスな物語。ギャルで純情な柚子(ゆず)と、優等生なのにビッチな芽衣(めい)。真逆の二人が義理の姉妹となり一つ屋根の下で暮らすように。クールな芽衣と懸命な柚子を思わず応援したくなる。切実な少女たちの想いが伝わってくる原画の前で徳を積もうと思わずにいられない。

大沢やよい先生の『2DK、Gペン、目覚まし時計。』(一迅社)は大人の百合漫画。だらしない漫画家のたまごと、しっかり者のOLのひょんなことから始まった二人暮らし。恋でも愛でもなかったはずの関係が見えないうちに変わりゆくストーリーから目が離せない。緊迫感のある場面描写の原画を目で追っているうちに心が愛で溢れてくる。

雪子先生の『ふたりべや』(幻冬舎)は真面目少女桜子と美少女かすみの寮生活を綴った作品。見ているだけでもキュンキュンしてくるナチュラルな仲良し感と生活感はまるで新婚さん。煌びやかなカラーの原画を目にしただけで衆生の民としての汚れが浄化されていく。

コミックノベル・グッズシリーズ

南部くまこ先生作・森島明子先生作画の『囁きのキス』(パルソラ)はコミックノベル。主人公は耳の聞こえない少女、という設定に優しい衝撃と共に引きこまれる。今回展示されているイラストはすべてカラーで丸みを帯びた森島先生のイラストをじっくり堪能できる。気が付くと私は14歳に戻っていました。

多彩な作風のクリエイター・吉富昭仁先生の『リリィシステム』は女子高生二人が納屋の奥から見つけだした機械によってお互いの心を覗いてしまう、といストーリー前提のグッズシリーズ。シャープなラインで描かれる少女たちは必見。美しさの前に明日も生きていこうという誓いが内心に生じる。

portrait

長谷川圭佑先生の写真では少女の愛らしさを抽出したまるで絵画のような百合が拝める。衣装も風景もこだわりまくった夢にまでみた百合光景に浸ることができる。

高橋みのり先生の作品では女性であるからこそ表現できる関係性、親密感を演出した百合が拝める。色彩感覚が絶妙で、眺めていたい少女たちの姿を記憶に残してくれる。

ゆりあ先生の作品群はとにかく「ふともも」がクローズアップされ、ふとした瞬間近づいた少女たちの罪のないふとももを余すところなく抽出。主観的な百合で魅了してくれる。

また会場入り口には脚本家の綾奈ゆにこ先生の序文が掲示されている。
そして『アフターアワーズ』(小学館)の西尾雄太先生の参加が急遽決定。書き下ろしブックカバーと手書きPOPが展示されている。
クラウドファンディング『Enty』を活用した発行で話題になった百合冊子『ガレット』も販売。この機会に入手しておきたい。

百合展は百合好きの福利厚生だ。百合好きだけでなく、百合に少しでも興味がある人にはいいきっかけになるだろう。
行くのはもちろんのこと、会期中に通った数だけ来世の輝きが約束されるのだから。

百合展2017 http://www.yuriten.com/2017/
【リンク】

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 小雨) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : エンタメ タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。