ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ゴースト・イン・ザ・シェル』監督・キャストが来日 「世界中が士郎正宗や押井守の素晴らしさを知るだろう」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『攻殻機動隊』のハリウッド実写映画版となる『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)。3月16日(木)、本作を手掛けたルパート・サンダース監督、主人公・少佐役のスカーレット・ヨハンソン、バトー役のピルー・アスベック、オウレイ博士役のジュリエット・ビノシュが来日し、荒巻役のビートたけしと共に記者会見に登場した。

アートスクール時代に出会った『攻殻機動隊』に魅了され、「実写版を作るなら、自分が手掛けたいと思っていた」と語るサンダース監督。「(原作は)非常に素晴らしく、想像力を掻き立てるものだった。幸運にも実写映画版を監督する機会に恵まれ、このレガシーの一部になれたことを誇りに思う。この実写版を通じて世界の人々が士郎正宗や押井守が生み出した素晴らしい作品を知ることになる。非常に嬉しく思うよ」と、世界中で愛される日本のコンテンツに敬意を示した。

少佐役のヨハンソンは、「アニメーションを観た時には実写化が全くイメージできなかったの。詩的で幻想的な世界観をどのように表現して、自分がどう役に息を吹き込むのか、感情的にも肉体的にも大変な作業だった。でも、彼女の人生や存在について監督と様々な会話をかわして、彼が原作に敬意を持っていることを知っているし、今では『ゴースト・イン・ザ・シェル』が私と切り離せない存在になっている。私にとって、役者として未知の世界に大きく一歩を踏み出した作品になりました」と語った。

挨拶の冒頭で、「やっと幸福の科学から抜けられて、今度は統一教会に入ろうと思ってます。でも、やっぱりこの映画のためには創価学会がイイんじゃないかと」と、ハリウッドスターたちがキョトンとするジョークをかました荒巻役のビートたけし。

「マニアックな人たちは実写版に文句を言うのが定番ですけど、今作については自分の周りにいる原作直撃世代の人間も絶賛している。(原作に)忠実でありつつ新しいものが吹き込まれている。あまり言いたくないですが、唯一の失敗は荒巻だけかもしれない(笑)。大きなスクリーンで観てもらえればディテールのこだわりが分かるし、熱量を感じ取ってもらえると思います」とアピール。

さらに、自身が監督する時との違いを問われると、「ただ歩くシーンだけでも、“グッド、ワンモア”、“ナイス、ワンモア”、“エクセレント、ワンモア”と何度も撮り直した。カメラも常に5、6台回っていて、これはお金がかかるなと思いました」と撮影中のエピソードを語り、監督を苦笑いさせていた。

「初めての来日だけど、本当に日本が大好きになった。昨日食べた神戸牛は人生最高のビーフだったよ!」と笑顔を見せたバトー役のアスベックは、「押井守のアニメーションを14歳の頃に観ていた。アイデンティティを模索するストーリーが少年の頃の自分にも響いた。バトーは多くの人に愛されているキャラクターで、ファンの期待を裏切ることができないと怖さを感じていた」と告白。

しかし続けて、「テレビアニメ版のバトーは軍人で年も重ねている。バトーと自分の共通点が見つからなかったけど、原作のマンガを読んでみたら、彼はビールもピザも大好き。コレなら大丈夫と思った」と、今作のバトー像にかかわるヒントを明かした。

映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役のビノシュは、「脚本を読んだときは暗号を解読しているように全く理解できなかった。息子が原作の大ファンで、素晴らしいコンテンツだから絶対に出演するべきだと後押ししてくれました」と明かし、「2014年の『GODZILLA ゴジラ』にも出演したし、日本発のコンテンツにはとても恵まれているの。今作をキッカケに、さらに日本の漫画やアニメに興味を持つようになったわ」とコメントした。

なお、会見後、ガジェット通信はバトー役のアスベックにインタビューを実施。その模様は後日お届けする。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』本予告(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=s4AyHeyKZrc

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト:
http://ghostshell.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。