体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今からはじめても遅くはない!! そんな貴方のための『すぐにはじめる、かんたんニコ生+動画制作セット』

すぐにはじめる、かんたんニコ生+動画制作セット

ここ数年のブログが一般化している現実に違和感を感じる人はそうはいないと思うが、すでに今は個人ユーザー単位での動画投稿、生配信なども普通の出来事になっている。ニコニコ動画の運営元であるドワンゴのデータによると、月間利用者は751万人におよび、20代の男女の2人に1人は会員登録をしいるとのこと。

そんな751万人の中で私も動画投稿や生配信をはじめてみたい!! と思い立っても、「何からそろえればいいの?」そんな疑問にぶつかってしまうのではないだろうか。パソコン等の扱いに造詣が深い人であれば何が必要なのかピンとくるであろうが、今までそういったものに触れた事のなかった人にとっては右も左もわからず迷路に迷い込んだ状態になってしまうであろう。

そういった動画投稿をはじめました、はじめたいと思う人達にオススメの『すぐにはじめる、かんたんニコ生+動画制作セット』というパッケージが、インターネット社の運営するオンラインショップ『shop.ssw.jp』で販売されているので、今回は使用感やハウツーを交えて紹介したいと思う。

まずはパソコンに声を取り込もう

AT-VD3

順を追って紹介していこうと思うのだが、最初はaudio-technica社製のマイク『AT-VD3』だ。付属のミニ端子ケーブルを使いってパソコンに接続することもできるが、別途マイクケーブル(XLR端子)を使いオーディオインタフェース(※1)につなぐことも可能である。

また自宅などでマイクを使うと自分の声以外の生活音が入ってしまうのではないかと気になる方もいるだろうが、この『AT-VD3』は単一指向性(※2)のマイクなので口元に近付けて発せられた声以外は集音せずにカットしてくれるので心配無用である。

喋りたい、歌いたい、曲をかけたい

US-125M front

続いて紹介するのはTASCAM社のオーディオインタフェース『US-125M』。この製品はインタフェースの機能だけに留まらず、多チャンネル入力可能なオーディオミキサーとしての機能も備えている優れ物だ。

新しい事をはじめた当初と言うのはついつい欲張ってしまうものだが、その点でこの『US-125M』は前面部に各入力のボリュームがついているので、初心者にもすぐに使いこなしやすい優しい設計になっているのだ。通常このような機器との接続に必要なドライバは、USBケーブルでパソコンにつなぐとすぐに使用可能になり、あとはパソコン内のサウンドデバイスに『US-125M』を選択をするだけで他に難しい設定をするようものは必要ない。

US-125M Rear

『US-125M』はマイクの接続以外に複数の音声入力に対応しているので一つずつ解説しよう。背面には「LINE IN」にRCAケーブルなどでつなぐ事で外部オーディオ機器からの音声の入力ができ、他にも「INST IN」にギターやベースなど通常のオーディオ機器とは電圧が違う楽器の接続にも対応しているので、外部オーディオからの音楽に合わせて歌や楽器の音声も重ねて取り込むことができるのだ。

MICIN

外部のオーディオ機器を使わない場合でも、「computer」のボリュームのツマミを上げれば、パソコンで再生した音楽データも取り込める。あとは前面部にある各々のツマミを使って自分好みのバランスに整えることができるので、ここまで完了すれば『ニコニコ生放送』などを使用して日本中はたまた世界中に雑談放送や生演奏をしながらの放送など様々な番組配信をすることが可能になる。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会