体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「新喜劇みたいだなww」 ブログ力士・普天王引退式で行われた相撲コント

取組の途中、2人そろってピース

 ”ブログ力士”としても知られた元・小結の普天王の引退式が2012年1月29日、東京・両国国技館で行われた。普天王は日大時代にアマチュア横綱となったのち2003年に初土俵を踏んだ。2007年からブログを始め、自身の日常をつづっているほか「力士はまげが結えなくなったらどうなる?」など、読者の相撲に関する疑問に答え、人気を博している。引退式では断髪式のほか、「初切(しょっきり)」や「相撲甚句」なども行われ、引退相撲を初めてインターネット中継するニコニコ生放送では、視聴者が本場所では見られない相撲の一面を楽しんだ。

ひしゃくで攻撃され、崩れ落ちた力士

 初切は、いわば「相撲のコント」。マゲをつかむ、相手を蹴る、口に含んだ水を吹きかけるといった「禁じ手」を笑いを交えながら紹介するもので、地方巡業など本場所以外で行われることが多いため、TV放送される機会も少ない。引退式で行われた初切では、ともに佐渡ヶ嶽部屋の現役力士・琴大信と琴鳳がこの「初切」を披露。相手を足蹴にしたり土俵の砂をかけたりするほか、客席に向かってピースサインをする、行司に塩を投げつける、ひしゃくで殴るなど、相撲におけるルール違反の限りを尽くした。

 こうしたやりとりに客席の子供から「がんばれー」と声があがり、場内はさらなる笑いに包まれたほか、ニコニコ生放送の画面にも「声出して笑ったw」「新喜劇みたいだなww」といったコメントが寄せられた。また、番組の解説者でお笑いコンビ「X-GUN」の西尾季隆さんも、

「ツッコミの時の声は、相方のサガネより出ていた」

と初切を行った力士の声を称賛。”間”のとり方についても、「すごい時間、ネタ合わせをやったはず」と評した。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 相撲コント「初切(しょっきり)」を視聴する – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv78042612?po=news&ref=news#1:18:50
・普天王のブログ、現役力士「普天王」どすこい大相撲日記 – 公式ブログ
http://ameblo.jp/futenou/

(土井大輔)

【関連記事】
ニコ生・大相撲中継に160万人 「神送りの儀式」に視聴者歓喜
元力士を父に持つニコ動大相撲担当「力士が親方に怒られる様子が見られることも」
羅王丸の取組に「世紀末覇王」のコメント ニコ動ユーザーが観る大相撲
「おおっ、いい出足」 ニコ動で大相撲の中継はじまる
「大相撲を応援する」わずか2割 ニコ動ユーザーにアンケート

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。