体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

甘いものが一切ダメな彼に ワインと楽しむ“塩バームクーヘン”

塩ばあむ

年が明けたばかりだと思っていたら、あと20日でバレンタインデー。大切な人への贈り物の目星はついていますか? 百貨店やスイーツショップをのぞけば、すでにたくさんのバレンタイン商品があふれかえっており、可愛らしい箱やラッピングを見るだけでテンションがあがりますよね。

最近のお菓子は“甘すぎない”ものが主流。ベタベタとしていてすぐ飲み物に手が伸びてしまう様なスイーツは、昔に比べるとグッと減り、上品な甘さを売りにする商品が増加。男性にも安心して手渡せるのは嬉しい限りですよね。

とはいえ、甘いものが一切ダメな男性が存在することも事実。甘いもの好きな人の言う「これはそんなに甘くないから大丈夫!」は、押し付けに過ぎない事が多いので注意です。

そんな、甘いものが全く食べれない男性にオススメなのが「バームクーヘン-まさゆめさかゆめ」の「塩ばあむ sale・pepe」。

「塩ばあむ」と聞くと、少し前に流行した塩キャラメルなどの“塩スイーツ”を想像する人が多いでしょうが、これは完全に甘くない、おつまみの様なバームクーヘン。甘くないケーキ「ケーク・サレ」と似た商品です。

丹波産の鶏卵をふんだんに使用した贅沢な生地に、3種のチーズ、オリーブオイル、ブラックペッパー、そして塩をあわせた大人の味。ワインと一緒にいただいたり、一人暮らしの男性ならコーヒーと共に簡単な朝食にも出来そう。

また、お酒好きの友人達との女子会に持ち込めば、センスの良さをアピールできちゃうこと間違い無し。“本当に甘くない”バームクーヘン「塩ばあむ sale・pepe」で今年は一味違うバレンタインを。

まさゆめさかゆめ – 楽天市場

※画像は「まさゆめさかゆめでございます。」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。