体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

原作そのままのシステムに高橋名人も太鼓判! 3分間で手軽に楽しめるスマホゲーム『BTOOOM!オンライン』を発表

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

引きこもり同然の坂本竜太が送りこまれた南海の無人島で、没頭していたオンラインゲームそっくりのリアルな殺し合いを強いられる……という手に汗を握るストーリーで、累計部数320万部を突破するヒットとなった井上淳哉先生のマンガ『BTOOOM!』(BUNCH COMICS)。2012年にはテレビアニメ化され、現在MXテレビで再放送もされていますが、2017年2月28日にはスマートフォンゲーム『BTOOOM!オンライン』として正式リリース。原作そのままの爆弾“BIM”を駆使したバトルを楽しむことができます。

ここではリリースに先駆けて2017年2月27日に開かれた発表会の模様と、ゲームの魅力、そして井上先生とアニメに引き続き鷹嘴役を演じる高橋名人のインタビューをお届けします。

“ステルスボンバーアクション”の楽しみ方は?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

発表会で登壇したアソビモの林雅人『BTOOOM!オンライン』プロデューサー。マンガの世界を再構築し、“ステルスボンバーアクション”(SBA)という新しいジャンルをうたうゲームとしてリリースしたと強調します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゲームでは、「公式戦」「非公式戦」「練習」を選ぶことができます。「公式戦」は対戦相手をランダムでマッチングし、最大6~8人で楽しめるモード。「非公式戦」は友だち同士でクローズな部屋を作り対戦可能。「練習」でキャラクター操作や設定を試すことで、「公式戦」「非公式戦」に活かしたいところです。

btooomonline_04

公式戦のルールは、原作同様に「チップを集めること」。制限時間内に規定の枚数のチップを集め、終了時に多く持っているユーザーが勝利になります。攻撃手段は、5種類(正式開始時)の“BIM”を使い相手を攻撃。戦いを有利に進めていきます。

btooomonline_05 btooomonline_06

チップを集めるには、相手を倒すだけでなく、「Cデータから生成する」「金の物資を回収する」ことで可能。このため、対戦相手から逃げ回ってCデータを集めさえすれば、戦わずとも1位になれるというのが最大の特徴です。

btooomonline_07 btooomonline_08
1 2 3 4 5次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。