体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【テレビ全録派鼎談】その3:ネットとソーシャルメディアが変えるテレビ

【テレビ全録派鼎談】その3:ネットとソーシャルメディアが変えるテレビ

『SPIDER』を開発するPTPの創業メンバーの1人である竹中氏、ワンセグ放送を24時間全局録画するシステム『24時間ワンセグ野郎』の開発者で、ガジェット通信でもおなじみ『MobileHackerz』のMIRO氏、PTPの代表取締役社長の有吉昌康氏の3名による、全局を同時録画する“テレビ全録派”の鼎談(ていだん)企画。2008年の対談で提示された「メディアの境界線が溶けていく」という予測は、その後スマートフォンやタブレットの普及、ソーシャルメディアの登場により現実化してきています。ネットとテレビの関係はどう変わったのか。3人の目で現状と今後を分析します。

聞き手:ガジェット通信 宮原俊介(shnsk)

第1回はこちら
http://getnews.jp/archives/164182[リンク]
第2回はこちら
http://getnews.jp/archives/164189[リンク]

テレビとネットはどう融合する?

宮原:2008年の竹中さん、MIROさんの対談で「メディアの境界線が溶けていく」という予測がありました。現状を今どういう風にご覧になっていますか。

MIRO:メディアの境界線が溶けるというか、東日本大震災があって、震災をきっかけに色々と意識が変わってきたというのはあるかなと思います。まずNHKがインターネットのサイマル放送を許可したんですよね。『USTREAM』と『ニコニコ生放送』で、テレビの震災番組を全部常に流していました。あれは結構需要があって、会社にいてテレビが見られないけれどもネットはつながっている、という層がたぶん多かったんですね。

それはひとつテレビというメディアの境界線が崩れた象徴で、同じようなことはテレビだけじゃなくていろんなメディアで起こっていた。配達できないからという理由で漫画雑誌をネットで配信したりとか。それは既存のメディアとネットの境界線が崩れたっていうところですけれども、そこからやっぱり徐々に色々と意識がというか、「ネットは敵ではない」というところが根付いてきたのかもしれないっていう印象はありますよね。

竹中:前からそうなんですけどね。地震を契機に気がつくことができたという人が増えたってことですよね。溶けるっていうのは、今日も『SPIDER』のことをですね。元マイクロソフトで今は慶応の古川享さんがツイートして、そのRTでちょこっとした意見を書いてくれる人に、「これでネットとテレビが融合できるよね」と書いてるわけですよ。普通の人が。

ネットとテレビの融合というのは、今言ってるメディアの境界線が溶けるということと、たぶん違うと思うんですよね。おそらくこの記事に必要なのは、そっちの話じゃないですかね。テレビとネットは実際どう引っ付くのかという話。

メディアの境界線は既に溶けている

竹中:メディアが融合というと、音楽にせよ本にせよ新聞にせよ、全部溶けてきているわけですよ。今までなかったような『iPad』のようなデバイスによって何でも統合されるわけじゃないですか。おそらくそれっていうのは、テレビをメインにしたこの対談ではあまりにも広すぎて扱いきれないんじゃないかと思うんですよね。

ちょこっとだけ言うと、今電子書籍めちゃくちゃ流行ってるじゃないですか。『iPad』の『Flipboard』というアプリ知ってますよね。あれってタイムラインでも『Facebook』でもなんでもいいんですけど、その場で本みたいにして読めるじゃないですか。電子書籍とそのRSSとか『Twitter』のタイムラインみたいなものも一緒になって、何が違うのかというのは『Flipboard』上では考えなくていいわけです。完全にユーザーエクスペリエンスとしては溶けてるわけですよね。

溶けてるんですけど、「溶けてよかったね」という話ではなくて、電子書籍でそういう風になってくのだろうか、と考えるとたぶんそうならないわけですよね。とすると溶けてる部分と分離されてる部分というのをこれからきちんと作っていかないと。要はオンラインで読むのかオフラインで読むのか、とか。それから『SPIDER』のローカルに持ってるのか全部オンデマンドで持ってくるのかみたいな。『SPIDER』の本質というのはそういうところにはないというのは分かるんですけど。そういう色んな溶ける具合があって、これ結構抽象論になって結構面白くない話になるような気がするんですよね。

1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。