ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

家具量販店IKEA、菜園ソリューション「Growroom」をオープンソースで公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
IKEAの菜園ソリューション「Growroom」スウェーデン発の家具量販店イケア(IKEA)は、家具から、カーテン、カーペット、寝装品、食器まで、私たちの日常生活にまつわる様々な商品を手ごろな価格で提供してきた。

いわば”家具の大衆化”の立役者でもあるイケアは、2015年に専門研究機関「SPACE10」を創設し、都市型農業ソリューションの研究開発など、次世代の都市居住のかたちを探究しはじめている。

・菜園ソリューションをオープンソース化

Growroomのパーツ「Growroom(グロウルーム)」は、建築家のSine Lindholm氏やMads-Ulrik Husum氏との提携のもと、SPACE10が開発した菜園ソリューション。

高さ2.8メートル、幅2.5メートルの大きな球状の菜園では、球面に沿って野菜やハーブなどが栽培できる。

「Growroom」は、合板17枚とねじ釘500本を材料に、金槌やドリルなどの一般的な工具があれば、比較的簡単に組み立てられるのが特徴。

設計データや組み立ての手順はオープンソースとして公開されており、このデータをもとに、CNCルーターでパーツを切断し、パズルのようにつなぎ合わせていく仕組みとなっている。

・空間を有効に活用し、都市向けの菜園ソリューションに

「Growroom」は、より多くの作物を栽培できるよう、空間を有効に活用したデザインなので、スペースに制限がある都市部でも導入しやすい。

また、3Dプリンティング技術を効果的に活用し、オープンソースとして公開することで、世界中どこでも、食料の栽培を可能としている点が秀逸といえるだろう。

Growroom

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。