ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

世界初のAIレーシングカーがデビュー 事故りはするもののそれなりのレース展開を見せる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
roborace2

AIが操縦する完全無人のレーシングカーがサーキットデビューしました。ゲームじゃなくてリアルの世界の話です。

18日、AIが操縦する電動レーシングカーのプロトタイプ“DevBot”がブエノスアイレス市街地に設けられたコースを走行し、形だけでも“本当のレース”をした世界初の試みとなりました。レースは2台のマシンのうち1台がコーナーで壁に接触して大きく破損してしまい、そこでリタイアとなりました。しかしながら最高時速は186kmを記録。時速220km以上で走る有人走行車には及びませんが、一応は競り合っているように見えるレース展開ができただけでも大したものです。

今回のレースは、完全ドライバーレスマシンによるレーシング選手権“Roborace”が開催したもの。複数のチームが、それぞれが開発したソフトウェアによって同一フォーマットのマシンを走行させ、その速さを競うことを目的としています。現在はまだプロトタイプですが、最終的には公式サポーターであるミシュランタイヤとNVIDIAの演算ユニットを搭載した未来的デザインの電動レーシングカー“Robocar”が供給される予定となっています。



“Roborace”は今回のレースの模様を公開していませんが、現地を取材したカージャーナリストのディエゴ・ゾレロさんが『Twitter』にレース中の動画と、クラッシュしたマシンの画像をアップしています。


レース中には犬がコースに紛れ込むハプニングも。こういった不測の事態に対処できることもAIマシンの重要な課題。

robocar2

SF映画『トロン:レガシー』や『オブリビオン』のメカデザイナーとして知られるダニエル・サイモン氏が設計した“Robocar”のコンセプトデザイン。早ければ数年以内にもこんなAIマシンによる白熱のレースが見られるかも?

画像とソース:『Twitter』およびRoborace公式サイトより引用
http://roborace.com/[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。