体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUSとNVIDIAがクアッドコアCPU『Tegra 3』搭載の10.1型Androidタブレット『Eee Pad TF201』を発表 明日発売へ

ASUSとNVIDIAがクアッドコアCPU『Tegra 3』搭載の10.1型Androidタブレット『Eee Pad TF201』を発表 明日発売へ

ASUSTek Computer(ASUS)は、NVIDIAと共同で記者発表会を開催。モバイル向けクアッドコアプロセッサ『Tegra 3』を世界で初めて搭載した10.1型Androidタブレット『Eee Pad TF201』を発表しました。1月21日に発売し、価格は6万9800円(税込み)。

『Eee Pad TF201』 ボディにはヘアラインのスピンメタル加工

『Eee Pad TF201』は、10.1型の『Super IPS+』液晶、OSにAndroid 3.2.1を搭載するタブレット。NVIDIA製のクアッドコアプロセッサ『Tegra 3』により高いパフォーマンスと省電力を両立しています。厚さ8.3mm、重量約586gと薄型・軽量。ボディには同社のUltrabook『ZENBOOK』同様、ヘアラインのスピンメタル加工が施されています。

モバイルキーボードドックが付属 Android独自キーやタッチパッドも搭載するキーボード

前モデル『Eee Pad Transformer TF101』同様、キーボードとUSBやカードリーダーのインタフェース、バッテリーを搭載した『モバイルキーボードドック』が標準で付属。タブレット本体をドッキングさせるとノートパソコンのように利用できます。キーボードにはホームキーやメニューキーなどAndroid独自のキーや、タッチパッドも搭載。バッテリーは本体で約12時間、『モバイルキーボードドック』を組み合わせると約18時間の駆動が可能になります。

『Super IPS+』ディスプレーを搭載 『Gorillaガラス』による強度とアンチフィンガープリントによる汚れにくさを実現

600nitsと高輝度な『Super IPS+』ディスプレーは、解像度1280×800ドット。『Tegra 3』の採用により、1080pのフルHD動画再生に対応します。ガラスには『Gorillaガラス』により強度を持たせ、指紋がつきにくいアンチフィンガープリント加工を施しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。