体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

手塚治虫の70年代シナリオ集のどこがスゴイかを 企画・構成・編集を担当した濱田さんに聞いてきた!

手塚治虫+(c)

初公開のラフスケッチやシノプシスを含む決定版

現物+

『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』(2017年2月20日発売)、『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』(2017年3月17日発売)と、手塚治虫のシナリオやシノプシス(梗概)をまとめた作品集が2冊、出版されます! 企画・構成・編集を務めたアンソロジストの濱田髙志さんに、本書の魅力を語っていただきました。

シナリオやシノプシスを書き続けた手塚治虫

———手塚治虫先生といえばマンガ家として有名ですが、こんなに多くのシナリオやシノプシスも書かれていたんですね。

濱田 そうなんです。昨年、『ぼくはマンガ家』(自伝)、『手塚治虫小説集成』(小説集)、『手塚治虫映画エッセイ集成』(エッセイ集)といった、手塚先生の文筆家としての仕事をまとめた3冊の文庫を企画させていただきましたが、今回の『手塚治虫シナリオ集成1970-1980』と『手塚治虫シナリオ集成1981-1989』の2冊には、アニメやラジオ番組、舞台といった媒体のために執筆された、シナリオやシノプシスを時系列に沿って収録しています。残された漫画やエッセイだけでも膨大な量なのに、それと並行してさらにこういった作品を手掛けられていたことが、この2冊で一望できます。
 

初公開の貴重なテキストも収録

ジェッターマルス++

———こういった作品は、これまでいろいろなところに、少しずつ収められていたものだそうですね。

濱田 いくつかのシナリオは、講談社の漫画全集の別巻に『手塚治虫シナリオ集』として入っていますし、ほかにもちくま文庫の『手塚治虫小説集』や樹立社からセット販売されていた作品集、そのほかムック本にも収録されていました。つまり、これまでも主だったものは読むことはできたんです。では、なぜ今改めて編み直したのかといえば、それらがすでに絶版だったり、セット販売の高額商品だったりして、手軽に手に入れられない状況で、今回はそれを受けての企画になります。これは昨年刊行の3冊を企画した当初から考えていたことで、シナリオ集に関しては、表紙に手塚先生の絵を使用することもその時点で決めていました。ちなみに先の3冊は手塚先生ではなく、ゆかりの方々の絵を使用させていただいています。

 本シナリオ集の最大の目的は、初めて時系列に沿って収録すること、そして、現存するテキストをふんだんに収録すること、この二点です。シノプシスのなかには、極端に短いものもあって、これまで単行本への収録が見送られていたり、「ジェッターマルス」のように、存在自体は知られていても、なぜか未収録だったものがあって、今回はそれらも余すことなく収録しました。実は、マルスは今年が本放送から40周年なんです。

アトム基本構想++

 ほかに、1980年に制作されたカラー版「鉄腕アトム」のために手塚先生が書かれた「鉄腕アトム 基本構想」のテキストも単行本未収録でしたから、本書で初めて目にする方が多いかも知れません。過去にLD-BOXの同梱ブックレットに掲載されたことがありますが、それももう入手困難ですから。

 今回、2冊を編み直して改めて実感したのが、手塚先生の頭のなかでは、常にアイデアが溢れていたということですね。生前“アイデアはバーゲンセールするくらいある”と公言されていましたが、実際、未発表のシノプシスなどを読むと、それが本当だったことが分かります。ですから、創作の秘密に迫るという意味でも、今回の2冊はとても興味深い内容になっているのではないでしょうか。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。