体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ティファール 衣類スチーマー アクセススチーム』ハンガーにかけたまま、パワフルな蒸気でシワ伸ばし!

いざ着ようとした時に、思ったよりもシワが気になって困ってしまう、そんな時に役立つのがハンガーにかけたままシワを伸ばすことができる衣類スチーマー。この『ティファール 衣類スチーマー アクセススチーム』は、パワフルな蒸気で短時間でシワを伸ばし、除菌・脱臭・アレル物質対策も可能な強力ツール。これはぜひ、実際に試してみたい。

出かける前にサッと取り出し程よくシワが伸ばせる。帰ってきた時には除菌・消臭、花粉由来のアレル物質対策も可能!

外出前にジャケットを着ようと思って、気になったからといって、アイロンのスイッチを入れて、アイロン台を用意して、ササッと的確にシワを伸ばすことができるという人はなかなかに高等技術の持ち主。時間のない状況ではなおさら。


そんな時に役立つのが、衣類スチーマー。ハンガーにジャケットなどをかけたまま、蒸気でフォルムをなぞることによってシワが程よく取れて、着られる状態にまで仕上げられるのは、使ったことがある人ならわかると思うが、とても便利。


ただ「なるほど、それならアイロンはいらないね!」となるのは早計。パリッと仕上げたいワイシャツや折り目をきっちり際立たせたいスーツはやはりアイロン仕上げが適している。こうした衣類スチーマーが活躍するのは、ソフトなフォルムのジャケットや変なシワがついてしまったスカートのプリーツ部分やブラウスなどのおしゃれ着、カジュアルめな衣類の仕上げに適しているものなので注意。それでもかなり便利なことには間違いないのだが。


そして今回紹介する株式会社グループセブ ジャパン(東京都品川区)の『ティファール 衣類スチーマー アクセススチーム』(110×180×283mm/0.9kg・実勢価格 税抜約9,800円・発売中)は、衣類スチーマーの中でも、パワフルな連続スチームができるのが特徴。コンパクトサイズの衣類スチーマーも便利なのだが、もう少し蒸気をたっぷり当てることができれば…と思ったことがあるのなら、注目だ。


水タンク容量は185mlと大容量で、約18分の連続加熱時間というのはほとんどの人にとって、オーバースペックなのではないかと思うほどの余裕クラス。コードの長さは3mで、オン/オフスイッチを押し続けて指が疲れてしまわないように、オンのままロックも可能。立ち上がり時間は45秒とスピーディー。

玄関先で使用する時に便利な、ドア上部に引っ掛けるタイプのフックまで用意されているのが気が利いている。


箱から取り出すと、その大きさに驚く。がっしりとした未来の武器のような丸みを帯びたフォルムは、造形が素敵。ティファールといえばこびりつかないフライパンをスタートに人気を高めたブランドだが、その程よいデザイン感も気に入っている人が多いだろう。この『ティファール 衣類スチーマー アクセススチーム』もその流れを汲んで、玄関先に置いておいてもインテリアに馴染むデザイン性の高さがうれしい。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。