体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、クアッドコアCPUを搭載した『Galaxy S III』をMWC 2012で発表?

  
2月27日~3月1日までの4日間、スペイン・バルセロナではモバイル業界最大の見本市『MWC 2012』が開催されますが、そのイベントに向けた新製品をSamsung、LG、Pantechが開発していると韓国メディアの『ETNews』が報じました。その中で噂の『Galaxy S III』の(予想?)スペックが伝えられています。

『MWC 2012』での発表が予想される『Galaxy S III』は、報道によると、クアッドコアCPUとRGB配列の有機EL(HD Super AMOLED Plus?)を搭載しているそうです。また、3D機能をサポートし、3Dテレビとの連携機能もあるとのこと。また、噂の解像度2560×1600ピクセルのディスプレーを搭載したタブレットも『MWC』で発表される可能性が高いと伝えています。

このほか、LGはクアッドコアCPUを搭載したスマートフォンを、PantechはQualcommの3G/LTEチップを統合したSoCを使用したスマートフォンを開発しているとして、こちらも『MWC 2012』で発表される可能性が高いと伝えています。写真の端末は、『CES 2012』でSamsungが流したプロモ動画に写っていたものです。単なるスマートフォンのモックアップと思われますが、『Galaxy S III』という予想が一部で出ています。
Source : ETNews


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia mini、mini pro、active、Live with Walkman用CyanogenMod 9アルファ版が公開
Motorola、建設・農業機械メーカー「JCB」とコラボしたAndroidスマートフォン「Motorola DEFY+ JCB Edition」を英国で発売
富士通製Androidスマートフォン「F-08D」がDLNA認証を通過

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。