体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『パシフィック・リム』続編の新機体か? 新たな3体のイラストが公開

PacificRim2

これは新たなイェーガーなのだろうか? どこからかリークされたと思われる『パシフィック・リム』続編のタイトルと、イェーガーらしき3体のロボットの描かれたイラストがネットに出回っている。

『Twitter』でファンからこの画像付きのリプライをもらったスティーブン・S・デナイト監督は、脚本家トラヴィス・ビーチャム氏の名を挙げた上で、「彼の独創的なアイデアなしではこれらは実現しなかった。もちろんレジェンダリーのスタッフもね」と発言。否定しないところを見ると、これら2枚のイラストは続編に登場するイェーガーということで間違いなさそうだ。

真ん中の青い機体は、胸部のジェネレーターのようなデザインから察するにジプシー・デンジャーの改良型だろうか。赤い機体は細めのシルエットがクリムゾン・タイフーンを彷彿させる。ファンの間では「エヴァンゲリオンの初号機と2号機に似ている」という声も。

『パシフィック・リム』は2013年に公開されたSF怪獣映画。日本の怪獣文化をリスペクトしてやまないギレルモ・デル・トロ監督が200億円もの巨費と最先端の技術を投じて制作した本作は、一部のファンの間で熱烈な人気を博した。その続編『Pacific Rim: Uprising』は現在シドニーで撮影中で、2018年2月23日に全米公開予定となっている。

画像とソース:『Twitter』より引用
https://twitter.com/stevendeknight/status/829814968644022272[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ろくす) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。