体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画アリ】『氷結専用おでん』と秋葉原名物『おでん缶』を食べ比べてみた

おでん缶2品

おなじみのチューハイ『氷結』から『氷結専用おでん』が登場。『氷結専用おでん』ですが、こちらは『氷結』のプレゼントキャンペーンの景品。さて、おでん缶といえば、ガジェット通信が所在する秋葉原では『おでん缶』なるものが自販機で販売されています。

おなじ“おでん”缶つながり! ……ということで、『氷結専用おでん』と秋葉原で売っている『おでん缶』食べ比べレポートしてみます。

氷結専用おでん開封動画
https://youtu.be/-91xoARz2PI


『氷結専用おでん』ってどんなの? 開封動画はこちら。

まずは『氷結専用おでん』を開けてみる

氷結専用おでん画像

『氷結』キャンペーンの『氷結専用おでん』。黒とシルバーの氷結らしいパッケージには「ODEN」と光輝くロゴが印字されています。

ぱかっとあけると 横

『氷結』のように「プシッ」とプルタブを開けるのではなく、フタの上部がパカッと開いて中にパッケージされたおでんが入っていました。食べ終わったあとも缶は小物入れに使えそうです。

ふくろにおでん横

袋の中身はもちろんおでん。具は、ゆで大根、さつまあげ、こんにゃく、ゆでうずら卵、焼きちくわの5種類とおでんだしが入っています。定番おでんの具です。チビ太のおでんのように具が串に刺さっているわけではないようです。袋の中ののおでんは湯せんで温めます。

秋葉原名物『おでん缶』を買ってきた

さてお買い物。外神田3丁目の自販機で売っているらしいので、ガジェット通信オフィス近隣をお散歩。

おでん缶を入手

マップを検索しながら歩いていると外神田3丁目の自販機に『おでん缶』発見。秋葉原名物『おでん缶』がありました、ありました。

おでん缶アップ

『おでん缶』は1個320円。具のタイプは2種類。売っているのは、ホットだけかと思ったら、つめたいものもあるようです。

おでん缶をゲット

おでん缶を購入。牛すじが入っているものを選んでみました。

おでん缶

オフィスにさっそく帰って『おでん缶』を開けてみます。

おでん缶あけたところ

こちらはプルタブで缶詰のように缶を開ける仕組みになっています。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。