ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

イベントレポート : スマートフォンラウンジ名古屋に期間限定でオープン中の「dTV VR体験イベント」の初日レポート

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
愛知県・名古屋市の「ドコモスマートフォンラウンジ名古屋」に 2 月 4 ~ 19 日の期間限定でオープンしている dTV VR の体験ラウンジに実際に行ってみましたので、本記事でイベント初日の様子などをレポートします。NTT ドコモとエイベックスは 2 月 1 日に動画配信サービス「dTV」の VR サービスとして提供している「dTV VR」のコンテンツ拡充と体験機会の創出を兼ねて、人気のテレビドラマ「ウォーキング・デッド」の VR 版やピコ太郎の VR 作品の新作を発表し、さらに、全国のドコモショップで合計 60 万個ものオリジナル VR スコープをプレゼントするキャンペーンを実施しています。その中で、「ドコモスマートフォンラウンジ」では全国でも唯一、ウォーキング・デッドの写真パネルや巨大フィギュア、多数の VR デモ機を用意し、「ウォーキング・デッド」と VR の大規模なプロモーションを実施しています。私はちょうど体験ラウンジのオープン日に名古屋に訪れたので、良い機会だと思い、ドコモスマートフォンラウンジ名古屋をのぞいてみたのです。イベント会場となったスマートフォンラウンジ名古屋には、大部分が今回の VR 体験イベントのために改装され、dTV VR 仕様となっていました。VR 体験ラウンジはテニスコート 1 面分ほどの区画に多数のデモ用 VR ヘッドセットのコーナーが 2 面、ウォーキング・デッドの写真パネルや巨大フィギュアを配置した写真ブース、そして、多数お VR 体験ラウンジの POP が掲示されていました。私が訪れた時に人でごった返しているというわけではありませんでしたが、家族連れや若いカップルが多いように感じました。その中でもウォーキング・デッドの写真ブースは意外と盛況だったようです。リアリティのあるフィギュアに釘付けになって離れない小さなこどもを度々目にしました。dTV VR の体験コーナーには予想以上に多くのデモ機で展示されており、そこそこ多くの人がいましたが、すぐにどれかのデモ機で「ウォーキング・デッド」の VR 版を視聴できる状況でした。このコーナーにはドコモやエイベックスのスタッフがスマートフォンラウンジを訪れた人に VR の体験を呼びかけていましたが、みなさんフレンドリーな接客態度だったので気持ち楽に VR を体験することができました。NTT ドコモは VR を体験できる場所を提供するだけではなく、実際に VR を体験した dTV ユーザーには、「ウォーキング・デッド」デザインの VR スコープをプレゼントしています。 VR スコープは数量限定ですが、名古屋店では少なくとも 5,000 個を用意しているので、まだ十分にまにあうはず。ただし、VR スコープをゲットするには dTV 会員であることを照明する必要があります(dTV の任意の動画を再生してスタッフに見せるだけ)。ちなみに、来週 11 日(土)には “しょこたん” ことタレントの中川翔子さんがスペシャルゲストとして dTV VR を体験するという特別企画が実施されます。

■関連記事
より機能的になったGoogle Playストアの新しいトップページUI
UQ mobileの上下500Kbps「無制限データプラン」が実用的なのかどうかを調査
IKEAのオシャレなQiワイヤレス充電パッド「NORDMARKE」のレビュー

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。