ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新番組『アニカル部!』桃井はるこも初めて聞く話ばかり! 足立梨花・加藤諒の3人でディープなアニメカルチャーを発信

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


「アニメカルチャーの素晴らしさを発信していく部活動!」をコンセプトに、アニソン・声優・ダンス・聖地巡礼などを紹介していくアニメカルチャーバラエティ新番組『アニカル部!』がアニメ専門チャンネル<アニマックス>で、3月5日(日)夜11時よりテレビ放送開始!

番組MCを務めるのは加藤諒さん、足立梨花さん、桃井はるこさんの3名。番組内では、アニメカルチャーをより深く知るため、その道のスペシャリストをゲストに招いてディープな話を聞いていきます。


今回、第1回の番組収録を終えたばかりのMC3人に話を聞いてきました!

純粋に声優・鳥海浩輔さんの大ファンだという足立さん。一般ファンとして仕事で会ってしまっていいのだろうか、という葛藤から「鳥海浩輔さんには番組に来てほしいけど来てほしくない(笑)」と胸の内を明かしたり、加藤さんが「僕は(声優の)花澤香菜ちゃんと子役のときに共演して以来、ずっと連絡を取っていないので、番組に呼びたいですよね」と、これからの展開についてわきあいわいと楽しくおしゃべりする3人。

また、これまでもアニメカルチャーへ大きく貢献してきた桃井さんから見た番組の楽しみ方や、期待することなども語られました。

ゲストはアニメ界のキーパーソンばかり!

――お互いの第一印象と第1回の収録を終えての感想を教えてください。

桃井:私はアニカル部の顧問なんです。ゲストで来ていただく方も私は面識がある方ばかりなので、自分がフォローをする場面が多いのかな?と思っていたら、(足立さんと加藤さんは)2人とも自分からすごく興味を持たれてどんどん質問をして、アニカルが大好きなんだな、と伝わってきました。

足立:加藤さんは、いつも明るくて笑っているイメージがあったので、番組にピッタリだなと思っていて。桃井さんも、声が可愛いくて聞いているだけで癒やされるので、このキレイなボイスを毎回聞けると思うと楽しみで仕方ない。素が出すぎてプライベート感が出ちゃわないかな?という心配はありますね(笑)。

加藤:僕は2人ほどアニメに詳しくなくて。今日収録をして、やっぱり2人の知識がすごいなって思いました。こちらの2人からも学ぶことがたくさんあるなって思っています。


――加藤さんは先日、名作『パタリロ』の舞台の主演も務められましたよね。

加藤:実はパタリロを演じることになってから、原作漫画を読んだりして追求させていただきました。僕は、そういう知らないアニメや作品がいっぱいあるんですよ。だからアニカル部を通じて、僕の知らないアニメの世界やアニカルをもっと知るために、イチ視聴者の立場として学んでいけたらと思います。


――足立さんはアニメが大好きなイメージがありますが、いつ頃からですか?

足立:元々は『おジャ魔女どれみ』や『ポケモン』だったり、『名探偵コナン』など、アニメに触れてはいたんですけど、どっぷり深夜帯のアニメに浸かったことがなくて。好きになったのはけっこう最近と言えば最近なんです。

私は『ホリプロスカウトキャラバン』出身なんですけど、スカウトキャラバンで声優オーディションがあったときの子たちが出演するというのを聞いて、そこから深夜アニメをガッツリ観るようになりました。今はいろんなジャンルのアニメを観たり、舞台を観たり、さまざまなアニメカルチャーに触れるようになったので、アニメが好きなことを発信できたらなと思っています。

――近年アニメカルチャーも細分化されていると思いますが、桃井さんはこの番組を通してどんなことを伝えていきたいですか?

桃井:本当にアニメやその周辺カルチャーが今とても市民権を得て私も嬉しい限りなんですけど、一方で情報が溢れすぎていて、「何を観たら良いかわからない」とか「もっと面白いことがあるんじゃないかと探しているけどわからない」という方が多いと思うんです。この番組で取り上げたもので興味を持っていただいて、「これから観てみようかな」といった良い出会いのきっかけを作れる番組になっていったらいいかなと思います。

アニマックスはアニメが大好きな方が観ているチャンネルだと思いますが、足立さんと加藤さんが本音で鋭い質問を投げかけていくと思うので、私がフォローしつつ、マニアの方にも知らなかった情報を提供できるような、少し興味がある人もマニアの人もどちらも楽しめる番組にしてけたらいいです。


――アニメにあまり詳しくない人が番組を楽しむポイントは?

桃井:毎回ゲストの方を“名誉部員”と呼ばせていただいているんです。“名誉部員”の方はアニメの世界のキーパーソンの方ばかりです。その方の話を聞いて、「関わっているアニメ観てみようかな」とか「あ、このアニメ観たことあるけど、こういう人が関わっていたのか」など、自分の好きな作品を探していっていただけるかな、と思っています。

あと、私は海外のアニメイベントに呼んでいただいたりもするんですが、本当に好きなアニメのタイトルを言うだけで、仲良くなれるんですよ! そんなもの他にないですよね!? この番組をきっかけに世界の人と仲良くなれるような教養を身につけていただければと思います(笑)。

桃井はるこも知らない裏話満載! 裏側で活躍するレジェンドの話を聞きたい!

――桃井さんは今後どんな名誉部員(スペシャルゲスト)のお話を聞いてみたいですか?

桃井:声優さんやアニソンシンガーなど表に立って活躍する方はもちろんですが、監督さんや原作者さんといったレジェンド的な方には、なかなかじっくりお話を伺う機会がないので、番組に来ていただいて、ここだけのお話を聞いてみたいなと思います。

この番組に来たら勝手に名誉部員といってファミリー的扱いにさせていただくので(笑)、そういうクリエイターの方にも来ていただきたいな~って。


足立:確かに、音響監督さんにアフレコの極意を聞いてみたいし、どうやって進めていくのかも聞いてみたい。

桃井:意外とどうやって作られるのかを知らない人がいると思うので、今はスタジオで収録ですけど、どこかにロケに行ったり、現場に見に行ったりできたらいいなと思います。


――第1回の収録を終えて、ゲストのお話には、桃井さんでも知らなかった知識や情報はありましたか?

桃井:ゲストの方の関わった作品は観たことがあるものばかりなんですけど、意外と裏話やどこにこだわりを持たれてやられているのかは、私も初めて聞く話ばかりですごく興味深かったです。

――今後もたくさん発見がありそうでしょうか?

桃井:そうですね。だからマニアの方にも、「そうだったのか!知らなかった!」って思ってもらえる話を聞けるように頑張ります。

――加藤さんと足立さんはどんな名誉部員(スペシャルゲスト)のお話を聞きたいですか?

加藤:宮﨑駿さんとか庵野秀明さんとか。

足立:私は2.5次元舞台も好きでよく観に行くので、舞台版の演出方法やどこまで原作まで寄せるのかなど聞いてみたいですね。

桃井:確かに、アニカルなので、アニメとその周辺のカルチャーを幅広く取り上げていきたいですね。

――ありがとうございました!


アニメカルチャーの中で活躍し続ける桃井さんでも、興味深い話や新発見がある『アニカル部!』。どんなゲストが登場するのか期待しましょう!

『アニカル部!』はアニマックスで3月5日に放送開始。毎週日曜23時より放送。
https://aniculbu.jp/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。