体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒーの香りで目覚める ― 無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー」をじっくり取材してきました

001

朝、コーヒーの香りで目覚める……。
なんかほんと素敵です。
素敵な夢です。

でもその夢が現実となる日が遂にやってきました。
無印良品さんが遂にやってくれました。
その名も「豆から挽けるコーヒーメーカー」

MUJI_CM1_シーン1

発売前に無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー」をじっくり取材してきました

ミル付きのコーヒーメーカーは、既に存在します。ですがこの製品の面白いところは、タイマーがついていて、指定した時間に豆を挽いて、コーヒーを淹れてくれる、ってとこです。

朝起きて、あわただしくコーヒーを淹れるんじゃなくて、朝食に合わせてつくっておいてくれるんです。

もちろん、3時のおやつに合わせてもいいんですが。

発売前に実際に製品を見せてもらい、良品計画のカテゴリーマネージャーの池内さんと設計開発担当の大澤さんにじっくり説明してもらいました。その様子は動画にまとめてありますので、こちらをご覧ください。

動画レポート

無印良品「豆から挽けるコーヒーメーカー」開発者さんにじっくり話をきいてきました
https://youtu.be/L9KqXQkuGuU

コーヒーメーカーで淹れたコーヒーの試飲もさせてもらい、それだけではなく開発に関わった池内さん自身のハンドドリップとも比較させてもらいました。開発関係者のハンドドリップということでなんとも面白い体験です。
あくまで筆者の個人的な感想ですがコーヒーメーカーで淹れたコーヒーの方が、口に含んだ瞬間の香りがふくよかに感じました。
開発者さんもしっかりハンドドリップしてくれたのですが、なんか申し訳ないです。でも正直にそう感想を言ったら、開発者さんは喜んでました。

この製品にはいくつかこだわりがあるそうです。

まずミルについては、「フラットカッターミル」を採用しており、これは挽いた豆の粒の均一性に優れるとのこと。ミルにはいくつか種類がありますが、この種類が一番プロにも愛用されているそうです。あまりに細かく砕けてしまうと雑味の原因になってしまうのですが、フラットカッターミルはそうなりにくいとのことでした。

170130_内部構造図1

そしてコーヒーの抽出についてですが、まずこだわっているのが温度。
実は筆者も以前コーヒーメーカーのレビューを実施したことがあり、お湯の温度を計ったのですが、その時は、いわゆる、最適な抽出温度といわれる温度よりも熱めのお湯が粉にかかっていました。お湯を沸騰させ、それをそのまま出せば、そうなるわけです。しかしこのコーヒーメーカーは、「87度の温度管理」をおこなって、プロのハンドドリップに近づけているそうです。

004
1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。