ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy Tab 7.7を台湾やシンガポールで発表、台湾では1月16日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Samsungが7.7インチSuper AMOLEDディスプレイを搭載したHoneycombタブレット「Galaxy Tab 7.7」を台湾とシンガポールで4日に発表しました。台湾では1月16日に発売予定。ラインアップはWi-Fi Onlyモデル(GT-P6810)と音声通話機能付きのWi-Fi+3Gモデル(GT-P6800)。それぞれストレージ容量は16GBで、価格は16,500台湾ドル(約41,800円)、21,900台湾ドル(約55,500円)。なお、Galaxy Tab 7.7を購入し、Samsungのサイトに製品登録すると、先着でスティック型BluetoothレシーバーMH5000 (1,990台湾ドル)がプレゼントされるそうです。シンガポールでは今年2月に発売される予定。Galaxy Tab 7.7は、厚さ7.89mm、質量335gのスリムで軽量なボディに、Samsungタブレットでは初となるSuper AMOLEDディスプレイを搭載した製品。OSはAndroid 3.2(Honeycomb)で、Samsung TouchWiz UIとMini App Tray、LivePanelなどSamsungの独自ユーザインタフェースを搭載します。ディスプレイサイズは7.7インチ、解像度は1,280×800ピクセル(WXGA)、SoCは1.4GHz駆動のExynos 4210、RAM容量は1GB、背面に300万画素CMOS/前面に200万画素CMOSカメラ、5,100mAhバッテリーを搭載。通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth 3.0、Wi-Fi Direct、DLNA(AllShare)、GSM/WCDMA(GT-P6800のみ)に対応。Source : Sogi


(juggly.cn)記事関連リンク
オンラインストレージ「SugarSync」のAndroidアプリがv3.4にアップデート、動画の自動同期に対応
Amazon Kindle Fireの標準ブラウザ「Silk Browser」が他のAndroid 2.3端末に移植される(動画あり)
Galaxy Nexusのroot/unrootなどを簡単に行うことができるWindowsツール「Galaxy Nexus Root Toolkit」が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。