体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どんな味? 『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』を発売前に食べてみた

もったところ

高級オードブルといえば代表的な“生ハムメロン”。そんな味のお菓子が登場!

イオンと江崎グリコの共同開発商品、チョコレート菓子『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』がイオンファンタジーが運営する国内のファミリー向けアミューズメント施設『モーリーファンタジー』の数量限定景品として、1月27日(金)より展開。

クレーン展開画像

今回、ガジェット通信編集部は気になる生ハムメロン風味のお菓子を発売前に入手! 『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』を食べてみます。

『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』を発売前に食べてみた

ふたつ

クレーンゲームの景品とだけあって、ゴージャス。金色のパッケージがまぶしいです。

たてのはこ

『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』のパッケージはパイプBOXと呼ばれる円柱形のものと、長方形の大人買いBOXの2タイプ。パッケージを見るからに、クレーンゲームでつるり、とすべる憎らしい形をしています。円柱形と長方形のどちらも中に各3個ずつ『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』が入っています。

3個入ってます 成分表記

原材料の中には『生ハムメロン風味クランチ』と記載されていました。この『ジャイアントカプリコ』は、メロン味のエアインチョコレートに独自開発の生ハム風味クランチがトッピングされているそう。

さて開封! 生ハム風味のチョコクランチがトッピング

袋をあけてもってるところ

メロン色をしたカプリコの表面には薄桃色のチョコクランチ。おぉ、これが生ハム風なのですね。

カット

断面をみてみると、おなじみチョコレート色のエアチョコレートが入っています。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。