ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どんな味? 『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』を発売前に食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

もったところ
高級オードブルといえば代表的な“生ハムメロン”。そんな味のお菓子が登場!

イオンと江崎グリコの共同開発商品、チョコレート菓子『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』がイオンファンタジーが運営する国内のファミリー向けアミューズメント施設『モーリーファンタジー』の数量限定景品として、1月27日(金)より展開。
クレーン展開画像
今回、ガジェット通信編集部は気になる生ハムメロン風味のお菓子を発売前に入手! 『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』を食べてみます。

『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』を発売前に食べてみた

ふたつ
クレーンゲームの景品とだけあって、ゴージャス。金色のパッケージがまぶしいです。
たてのはこ
『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』のパッケージはパイプBOXと呼ばれる円柱形のものと、長方形の大人買いBOXの2タイプ。パッケージを見るからに、クレーンゲームでつるり、とすべる憎らしい形をしています。円柱形と長方形のどちらも中に各3個ずつ『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』が入っています。
3個入ってます
成分表記
原材料の中には『生ハムメロン風味クランチ』と記載されていました。この『ジャイアントカプリコ』は、メロン味のエアインチョコレートに独自開発の生ハム風味クランチがトッピングされているそう。

さて開封! 生ハム風味のチョコクランチがトッピング

袋をあけてもってるところ
メロン色をしたカプリコの表面には薄桃色のチョコクランチ。おぉ、これが生ハム風なのですね。
カット
断面をみてみると、おなじみチョコレート色のエアチョコレートが入っています。

ガジェット通信編集部で食べてみた お味はいかに?

拡大
パッケージを開けてみると、メロンのお菓子の香りがほわわーんとオフィスに広がります。

さて、さっそく編集部スタッフでさっそく食べてみたところ、

・うん、生ハムメロンの味。これこれ。
・メロンチョコの内側にチョコがはいっているので、途中から味わいが変わり飽きずに楽しめます!
・生ハムかなぁ……? あ、ちょっとしょっぱい。この味好き。
・メロンのチョコクランチ旨い。
・メロンの味が強い! 後からしょっぱいのがくる。
・すごいメロンの香りがしますね。
・箱は大当たり感すごい。取れたらうれしい。
・目をつぶって食べると生ハムメロンな気がする。美味しい!
・開封した瞬間、メロンの香りがぶわっと広がる。一口食べるとめっちゃメロン味!
・生ハムはどこ……?と思いつつ2口目を食べるとカリッとしたクランチがメロン味のチョコとあわさり、あまじょっぱい!
なるほど、言われてみれば生ハムメロン。

……と、日頃食べなれていないので、記憶が定かじゃなさそうな気もしますが、確かに“生ハムメロン風味”の味わいがする! といった声も。

とったど
なお『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』は、さすがクレーンゲームの景品だけあって、「とったどー!」と思わず自慢したくなるサイズ感。クレーンゲームで入手を苦労すれば大当たりの嬉しさを「ひしひし」と噛みしめられることでしょう。

『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』は、アミューズメント施設『モーリーファンタジー』で1月27日より数量限定で展開。興味ある方はさっそくクレーンゲームにトライしてみては。

公式サイト

江崎グリコ
https://www.glico.com/jp/

製品詳細情報

景品名:『ジャイアントカプリコ<生ハムメロン風>』
特 長:生ハム風味クランチの塩加減で、メロンの甘さを引き立てます。
展開日:2017年1月27日(金)
* 景品が無くなり次第、終了いたします。

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。バレエと漫画が好き。特技は漫画の早読み。 おでかけとヒキコモリをいったりきたり。(近況:襟付きの服を着ることにしました)

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。