体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy Tab 7.0 Plus GT-P6210のCPUクロックを1.4GHzまでアップ可能なカスタムカーネルが公開

デジタル・IT

 Galaxy Tab 7.0 Plusのオーバークロックやクロックごとの電圧の変更などに対応したカスタムカーネルがXDAで公開されました。

Galaxy Tab 7.0 PlusのCPUクロックはデフォルトで最大1.2GHzですが、カーネルを今回公開されたものと変更することで、1.4GHzまで上げることが可能になります(別途SetCPUなどのツールを使う必要があります)。もともとGalaxy Tab 7.0 Plus動きは非常にスムーズで、カーネルを変更してCPUクロックを1.4GHzに上げてもデフォルトの状態と大きな違いは感じられませんでしたが、Quadrantのスコアは上図右のようになりました。CPUスコアが上がり、トータル3,400ポイント→4,000ポイントにアップしてます。

Samsung公式以外のカーネルの使用は端末の動作不良や故障を引き起こす原因となりうるので、変更する場合は自己責任の下で行うようにしてください。また、XDAのスレッドでは、このカーネルが動作するのはWi-FiモデルのGT-P6210のみとされているので、その他のモデルでは使用しないほうがよいと思います。

Source : XDA


(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note米AT&Tモデルの流出画像
米ソニー、Sony Tablet Sのソニーストア価格を$100引き下げ
Androidスマートフォンのブラウザで箱根駅伝のランナーの位置を確認できる「箱根駅伝速報マップ」が公開中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会