体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『乙嫁語り』コスレイヤーも魅了! ポーラ美術館『トルクメンの装身具』レポート [オタ女]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かつてシルクロードが通ることにより文明の交差点でもあった中央アジアのトルクメニスタン。その周辺の人々が19世紀ごろに身に着けていた装身具や民族衣装を展示する『シルクロードのよそおい トルクメンの装身具』が2017年3月3日まで神奈川県箱根のポーラ美術館で開催されています。
日本人には一見なじみの薄いトルクメニスタンの文化ですが、最近では森薫先生の『乙嫁語り』(エンターブレイン)で描かれており、作品のファンとしては是非見ておきたいところ。

ここでは、2017年1月7日に開かれた、装飾具の買い付けに携わったポーラ文化研究所の村田孝子さんと、『乙嫁語り』の衣装を忠実に再現したコスプレイヤーの祭さんとのトークイベントを通じて、その装身具の魅力をレポートします。

※すべての画像が表示されない場合は『オタ女』からご覧下さい。
http://otajo.jp/66315 [リンク]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

トルクメニスタンの装身具はほとんどが女性用。銀や金のメッキを施し、紅玉髄や赤いガラスが埋め込まれていますが、これらは身を飾るだけでなくお守りの役割を果たしたといいます。金銀を使っていることから財産的な価値もあり、女性たちの身分を表しており、「全財産を身に着けているようなもの」(村田さん)だったといいます。
「エグメー」と呼ばれる頭飾りは、四角い飾り板と鎖や環で作られ、婚礼衣装として使われていました。5つの紅玉髄はイスラム教徒が守るべき5つの義務や5本の指といった呪術的な意味が込められています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他に類を見ないこめかみ飾り。中には数10cmに達するものも。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

耳飾りも豪奢。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

首飾りは、500~600gという重さ。村田さんによると、当時の女性は結婚後に夫からプレゼントされたさまざまなものを身に着ける負担から「あまり長生きができなかった」といいます。
「ブコフ」と呼ばれる首飾りには、鎖の先に「アダムリク」と呼ばれる小さな人間像が付いているものもあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

胸飾りは、六角形や菱形、円形のものなどが残されています。平面を十字状にあしらったものは、中央と方位を強調する意味があったといいます。

1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。