体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役&浪人受験生を支えるアーティスト・ランキング

現役&浪人受験生を支えるアーティスト・ランキング
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。毎回、様々な切り口で最先端の音楽を紹介しています。1月19日(木)オンエアは、いきものがかりの水野良樹とお送りしました。

番組の冒頭では、まさかの事実が発表されました。なんと、水野も藤田も、さらに番組スタッフの一人まで、大殺界だということが判明したそうです。藤田は「我々が悪い事を引き受けるので、聴いているあなたは良い事が起こると思って聴いてください」とフォローしていました(笑)。

さて、今週の「SONAR TO THE NEXT」のコーナーは、受験生100人に協力してもらったアンケートを紹介しています。この日は「受験が終わったらライブに行きたいアーティストは?」「あなたの受験勉強を支えているアーティストは?」という質問の結果を、それぞれ現役生、浪人生別に発表しました。

■受験勉強を支えてくれるアーティスト

<現役生>
1位:関ジャニ∞
2位:ONE OK ROCK
3位:三代目 J Soul Brothers EXILE TRIBE

<浪人生>
1位:GReeeeN 
2位:back number 
3位:Maroon 5

この結果を見て水野は、「現役生はノリノリの曲が多くて、元気があり余っている感じがしますね」と分析。藤田も「現役生は学校で友達に会うのが大きい気もしますが、浪人生が選んだベスト3は、どちらかというと、じんわりと心に広がっていくような曲の印象です」と、傾向を読み取りました。

■受験が終わったらライブに行きたいアーティストは?

<現役生>
1位:ONE OK ROCK 
2位:三代目 J Soul Brothers EXILE TRIBE
3位:back number

<浪人生>
1位:AAA
2位:Perfume
3位:RADWIMPS

この結果を見た水野は、「浪人生は、現役生に比べて闘っている時間が長いから、特に男子は、女性の声を聴きたくなるんじゃないですかね? 孤独な時間が増えてくると…」と推測していました。それにしても、両方のアンケートとも、くっきりと差が現れたことに驚いていた二人でした。

ちなみに、水野自身、かつて“仮面浪人生”だったそうで、代々木駅前にあったファーストフードのお店で68円のハンバーガーを食べながら、いろいろなことを考えていたそうです。「当時考えていたことが、今の自分に役立っています。世の中にはいろいろな競争があるけど、受験ほど自分の努力がダイレクトに通用する競争はないので、結果はどうであれ、プラスになると思います!」とエールを送っていました!

■今回のオンエア曲
KANA-BOON「Fighter」
赤い公園「闇夜に提灯」
ポルカドットスティングレイ「人魚」
GReeeeN「道」
Maren Morris「My Church」
FIVE NEW OLD「Stay(Want You Mine)」
土岐麻子「PINK」
Nathan Sykes「Over And Over Again」
The Weeknd feat. Daft Punk「Starboy」
矢野顕子 with 忌野清志郎「ひとつだけ」
チャラン・ポ・ランタン「かなしみ」
カノエラナ「トーキョー」
Temples「Certainty」
マカロニえんぴつ「洗濯機と君とラヂオ」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分ー25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。