体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

田中圭一先生の「ねほりんぱほりんの薄い本作りたいよぉ~ッ!」のツイートに番組公式がまさかの反応!?

NHK_nehorin

NHKのEテレで毎週水曜の夜11時から放送されている『ねほりんぱほりん』。NHK、それもEテレとは思えぬような「プロ彼女」「元薬物中毒者」「ナンパ教室に通う男」「二次元しか本気で愛せない女たち」といった人をゲストに迎えた「ぶっこんだ内容」ということでSNSを中心に人気が広がっている。
そんな中、手塚治虫先生をはじめ、いろいろな漫画家のタッチで作品を描く「イタコ漫画家」としても名を馳せている田中圭一先生(@keiichisennsei)がTwitterにて1月13日に

『ねほりんぱほりん』の薄い本とか作りたいけど ニーズはないな。

とツイートを行ったところ、
「買いたいです」
「むしろすごく見てみたいです!期待してます!お願いします!w」
といった返信が寄られ、漫画家の” とり・みき”先生(@videobird)も
「買う」
とツイート。翌14日の夜、田中先生は


あああああああああ!
ねほりんぱほりんの薄い本作りたいよぉ~ッ!
ねほりんぱほりんの薄い本作りたいよぉ~ッ!
ねほりんぱほりんの薄い本作りたいよぉ~ッ!
ねほりんぱほりんの薄い本作りたいよぉ~ッ!

とツイートし、どこかの宇宙世紀の連邦軍モビルスーツパイロットみたいな恰好をしたブタさんがねほりんとぱほりんに相談している2コマ漫画をアップした。大きな反響を呼び、「このブタさん、若井おさむさんの声でしゃべりそう」といったツイートなどがあったりする中で、田中先生は15日に



「ねほりんぱほりん」は、社会の舞台裏や心の闇を暴露したり聞き出したりするというドロドロなコンセプトを「おかあさんといっしょ」テイストな人形でやる、このコンセプトが秀逸! 先週のジャンプに掲載された「トマトイプーのリコピン」もコンセプトが近いよね。こういうブーム、来るのでは?

ともツイートするなどしていた。
翌16日、番組の公式アカウント「NHK ねほりんぱほりん」(@nhk_nehorin)が



いまスタッフは鋭意出演者を取材中です!「元モビルスーツパイロット」など、こんな人の話を聞きたいというご希望がありましたら、ぜひ#ねほりん でツイートくださいませ。

とツイートを行った。公式がまさかの反応を見せたということで、またまた大反響となった模様である。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。