体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『リフォームの爆発』著者・町田康にとってのリフォームとは?

生活・趣味
自宅リフォームを何度も経験している町田康さんに話を聞いた

ミュージシャンを経て、現在、作家として活躍している町田康さんが、今年3月に上梓した『リフォームの爆発』。現在、ご自身が暮らす熱海の自宅リフォームを題材に、リフォームで起きる悲喜こもごもを作品としてまとめたものだ。では、そのリフォームのおもしろさ、真髄とは。町田さんの視点で語ってもらった。

築30年以上の日本家屋での暮らし。リフォームネタには事欠かない?

町田康さんが現在暮らしているのは、熱海にある日本家屋。購入時に築30年以上経過し、ボロボロだったというのを、リフォームして暮らしはじめ、今年で10年が経過した。購入時は廃屋のようだったといい、近所の人は「住めるの?」「建て替えなくていいの?」とうわさしていたほどだったとか。だが、工務店にみてもらうと構造・躯体はしっかりしており、水まわりや床や壁などをリフォームして、生活をはじめた。ではそもそも、なぜ中古の一戸建てを購入してリフォームという選択肢だったのだろうか。

「もともと、私も妻も住まいは中古を買う主義」と町田さん。「古いものを買って、手入れしていいようにして住むのが好き」というのがその理由で、新築には価格が高いだけでメリットはひとつもないとバッサリ。

熱海に引越す前は都心の六本木のマンションで暮らしていた町田さん。当時飼っていた猫が増えたこと、またその中にウィルス性疾患を患っていた猫がいて部屋を分ける必要があったこと、モノが増えたことなどから、たくさんの部屋数がある建物を探したら、必然的に地方の一戸建てに行き着いたそう。【画像1】現在は熱海で暮らす町田さん。日本家屋と猫の相性は最悪と苦笑いする(写真撮影/林 和也)

【画像1】現在は熱海で暮らす町田さん。日本家屋と猫の相性は最悪と苦笑いする(写真撮影/林 和也)

日本家屋と猫というと、見た目にも風情がありそうだが、「相性は最悪です(笑)。特に障子やふすま。障子を見るとにやっとしながら、一瞬でビリビリにしますから」。現在は犬4匹、猫7匹が町田夫妻とともに暮らしている。それに、動物がいなくとも、築年が経過した建物だけに、メンテナンスネタにはことかかない。

「先日も屋根から草が生えてきて。2年位前にも同様に生えていたので一度、自分で刈り取ったんですが、出入りの植木屋さんに聞いてみたところ、“あれをそのままにしたらマズイ”ということで、工務店に見てもらいました。そしたら、瓦を一度、剥がして、根を取り除かないといけないという話になりまして……。まあ、リフォームまでいかなくとも、こうした手入れ・メンテナンスの話はしょっちゅうです」と苦笑いするが、家はメンテナンスフリーではなく、何年か住んでいると生活に合わないところや直すべきところが出てくるのは当たり前と、住まいのメンテナンスについてきちんと向き合っている町田さんの姿が伝わってくる。

リフォームの向こうに、人生が見える

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会