ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大平サブローがデビュー40周年記念シングル『歩幅』レコ発ツアー中! 本人コメントあり

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
saburo

デビュー40周年を突破し、お笑いだけでなくミュージシャンとしても活躍中の大平サブローさん。

サブローさんの楽曲と言えばムード歌謡『それからの銀狐』(1985年)が有名だが、現在はギター片手の弾き語りスタイル。2016年11月にはニューシングル『歩幅』をリリースし、現在はそのレコ発ツアーの真っ最中だ。

今回、新曲に込めた思いについてサブローさんからガジェット通信にメッセージを寄せていただいた。

「CD発売し、歌をうたわせてもらうという単にそれだけではなく、大平サブロー60歳、そろそろリタイアや休息を考えている同世代、同年代の方に

“いや、まだまだ新しいことにチャレンジするぞ、まだまだやるぞ”

という気持ちになってもらいたい。

そして

“ここまで連れ添ってくれた妻や家族や周りに感謝”

というメッセージも込めて出させていただきました。
あくまで芸人ですが、ミュージシャンという軒先、ちょっとお借りします」

またサブローさんの音楽活動を常に傍らでサポートするサックス・プレイヤーで『歩幅』の作曲者でもある岡嶋直樹さんに“ミュージシャン・大平サブロー”についてお話を伺っている。

15934806_2178303185728284_1714141462_n

筆者:2012年、56歳からギターを始めたというサブローさんですが、上達ぶりはいかがでしょうか?

岡嶋:僕がレッスンを受け持つようになったのはサブローさんが59歳、つまり還暦ツアーが決まる直前からでした。

当時は知ってるコードも少なかったのですが、毎日少しの時間でもギターに触れ、コツコツと練習を重ねた結果、今では初心者の難関である“F”もきれいに弾けるようになられ、弾語りのレパートリーもドンドン増えてますよ!

筆者:岡嶋さんにはどんないきさつでサポート依頼があったんでしょうか?

岡嶋:2014年の年末に河島アミルさんの依頼でサブローさんのLIVEのサポートをさせて頂く事になったのが始まりでした。

その日大雪のため、車で行けず電車で向かったのですが、帰りの電車で偶然サブローさんと同じ車両に乗り、色んなお話をさせて頂く中で還暦を迎えるに辺り、全国ライブツアーをしたいとのお話もあり「実現するならば是非!」と話していたのですが、まさか実現するとはその時サブローさんも僕も思ってはなかったと思います(笑)

筆者:サブローさんの音楽的な好み、音楽性はどんな感じでしょうか?

岡嶋:基本的には80年代の歌謡曲が好みかと。

気持ちを込めて歌う事を大切にされ、雰囲気や風情を感じ取れる音楽を目指しておられるかと思います。

筆者:これまで数々のライブを共にされた中で、特に印象的なエピソードはありますか?

岡嶋:2つほど!

ツアー初日のビルボード大阪でのこと、シークレットゲストに宇崎竜童さんがナント前座で登場し、主役のサブローさんが登場しにくくなるぐらい会場を盛り上げてしまい、サブローさんが登場する『とんぼ』を演奏し始めるもなかなか出て来ず……

イントロのコーラスを何度も繰り返し、ひたすら「うぉーうぉー」と唄いながらサブローさんの登場を待つ羽目に(笑)

『歩幅』のカップリング曲にもなっている河島英五さんのカバー『いくつかの場面』を還暦ツアーファイナルであるNGKでの唄われた時なのですが、サブローさん自身芸能生活40周年を迎えられ、本当色々な出来事があり、それらを1つ1つ噛み締め思い出しながら唄われてる姿はとても印象的でした。

筆者:ニューシングル『歩幅』は作曲者としてどんなイメージで作られましたか?

岡嶋:お人柄や声など、サブローさんの魅力が引き出せるような曲調をイメージしながら作曲させて頂きました。

デビュー40周年、還暦を過ぎてなお新たな挑戦を続けている大平サブローさん。日本のエンターテイメント界を彩るスターとしていつまでも若々しく、元気な姿をファンに見せ続けていただきたいものだ。

シングル『歩幅』とレコ発ツアーについての詳細は以下の通り。

2016年11月23日(水)発売
大平サブロー『歩幅』
CDシングル/YRCN-90261/4571487566922/税込1,000円

大平サブローレコ発Live2016~「歩幅」~

2017年1月15日(日)
徳島
徳島club GRINDHOUSE
14:30OPEN 15:00START
前売り3600円 当日4000円※1drink別途500円
チケットよしもとYコード:[ 504198]
チケットぴあ0570-02-9999 Pコード:[ 454-914 ]
ローソンチケット 0570-000-406 Lコード:[ 62857】

2017年2月11日(土)
神戸
CHICKEN GEORGE
16:30OPEN 17:30START
前売り3600円 当日4000円※1drink別途500円
チケットよしもとYコード:[ 504199 ]
チケットぴあ0570-02-9999 Pコード:[ 454-913 ]
ローソンチケット 0570-000-407 Lコード:[ 53802】

チケットよしもとお問い合わせダイヤル
0570-550-100
24時間受け付け (お問い合わせは10:00~19:00)

※画像はよしもとクリエイティブ・エージェンシーおよび岡嶋直樹さんからご提供いただきました。

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。