ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Jリーグ】名古屋との“復讐戦”必至!? 田中マルクス闘莉王が京都サンガに加入

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

サッカーJ2の京都サンガF.C.は、元日本代表で昨季は名古屋グランパスエイトでプレーしたDF田中マルクス闘莉王選手の獲得を発表しました。
闘莉王選手はクラブを通じて「歴史あるすばらしいクラブでプレー出来ることは光栄であり、チームの一員となったからには京都サンガF.C.がJ1に昇格するため、全身全霊、自分の持てる力全てをかけて闘っていきます。ファン、サポーターの皆さま、熱いご声援をよろしくお願いいたします」とコメントしています。

名古屋では2015年シーズンで退団したものの、チームの低迷を受けて2016年9月に再加入した闘莉王選手。16位でJ2降格という成績に「これからも名古屋グランパスを愛する気持ちは変わりません」というものの、契約が折り合わず2回も退団の憂き目にあい「チームの方向性が見えない」「心はズタズタ」とスポーツ紙に語るなど不満を口にしていました。それだけに、同じカテゴリーの京都への移籍は注目が集まります。

名古屋からは闘莉王選手のほかにも若手の小屋松知哉選手、望月嶺臣選手らが京都に移籍。一方で名古屋は新監督に前川崎フロンターレの風間八宏氏を迎え、サンフレッチェ広島からFW佐藤寿人選手を獲得するなど、昨季とは顔ぶれを一新したチーム作りを進めています。それだけに、京都と名古屋の直接対決は闘莉王選手の“復讐戦”として目が離せないだけでなく、J1昇格を巡る争いも混沌を極めることになりそうです。

田中マルクス闘莉王選手 名古屋グランパスより完全移籍加入のお知らせ(京都サンガF.C.オフィシャルサイト)
http://www.sanga-fc.jp/news/detail/35390/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。