体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

物件データを分析! 今買いのハリアーはこれ!【CS COTY2016-2017】

▲今回のカーセンサ・カー・オブ・ザ・イヤーの1位に輝いたトヨタ ハリアー(現行型)。物件データに注目し、今買いのハリアーをご紹介しよう

▲今回のカーセンサ・カー・オブ・ザ・イヤーの1位に輝いたトヨタ ハリアー(現行型)。物件データに注目し、今買いのハリアーをご紹介しよう

デビューから3年が経過し、平均価格は下落傾向に

2015年11月~2016年10月の1年間でユーザーが注目したモデルを発表するカーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー。この1年で、最も注目された車に贈られるイヤーカーはトヨタ ハリアー(現行型)に決定した。この1年、ハリアーの中古車市場はどういった状況だったのか。ハリアーの物件データを分析してみよう。

下のグラフは2015年11月~2016年10月の1年間の流通量と平均価格の推移を表したもの。流通量は毎月末頃のカーセンサーnetの掲載台数を参照。ほぼ300~400台前半で推移していたが、5月頃から徐々に物件数が増え始め、10月にはついに500台を突破。その後さらに増え、2016年12月16日時点では約720台が掲載されている。また、流通量の増加に伴い、5月頃から平均価格も下落傾向に。12月16日時点で約333万円にまで値下がりした。

▲棒グラフが流通量、折れ線グラフが平均価格を示しています。5月頃から徐々に物件数が増え始め、平均価格も下落傾向になっています

▲棒グラフが流通量、折れ線グラフが平均価格を示しています。5月頃から徐々に物件数が増え始め、平均価格も下落傾向になっています

ハリアー(現行型)が昨年の12月でデビューから3年が経過したこともあり、車検を迎えることを機に手放すユーザーも出てくるだろう。今後も買い替え需要が高まり、流通量の増加傾向が続くと予想されるので、さらなる平均価格の下落が期待できる。ハリアーの購入を考えているならば、チャンスを逃さぬようこまめに物件チェックを!

ガソリン車を狙うなら他の国産SUVと比較検討するのもあり

下のグラフは価格帯、走行距離、グレードの項目ごとに掲載物件の割合を示したもの。価格帯では250万~350万円未満が6割超を占め、そのほとんどがガソリン車だ。決して安いとは言えない価格帯だが、9割以上が走行距離3万㎞以下の物件であることや、最も廉価でベースグレードの2.0グランドでも装備が充実していることを考えると、高いなりの価値はあるだろう。他の国産SUVの250~350万円は平均よりも少し高いくらいの価格帯だが、ハリアーの装備などが充実していることを考えると、それらの車と比較検討してみてもいいだろう。一方で、ハイブリッド車の価格帯は350万円以上が多く、ガソリン車よりは予算を上げなければならない。ハイブリッド車にこだわるのなら、エクストレイル(現行型)のハイブリッド車の相場が240万~340万円だったりと、他の国産SUVの方がより安く狙えるだろう。グレードに目を向けると、最も多いのはガソリン車の2.0エレガンス、ハイブリッド車では、上位グレードの2.5ハイブリッド E-Four プレミアムアドバンスドパッケージという結果となった。

▲価格帯別、グレード別、走行距離帯別に2015年11月~2016年10月の期間中の掲載物件の割合を示したもの。価格帯別では300万~350万円、グレード別ではガソリン車のエレガンス、走行距離帯別では1.0~3.0万km未満が多くを占めているのが分かる
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。