ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

昔の8mmビデオそっくりにデザイン トイデジタルムービーカメラ『Bee』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


FUUVI(フーヴィ)は、昔なつかしい8mmビデオカメラをギュッと手のひらサイズにデザインした、トイデジタルムービーカメラ『Bee』の予約受付を開始しました。見た目はもちろん、撮影できる動画・静止画の雰囲気までレトロ。毎日持ち歩けるコンパクトさで、身近な風景をアーティスティックに撮って楽しめます。

『Bee』は、映りも8mmビデオそのままなトイデジタルムービーカメラ。ホンモノの8mmビデオとは違って、複雑な機能や設定はなくかんたんに扱えるシンプル設計ですが、「ファインダーを覗いて8mm撮影する」憧れを叶えるためだけにファインダーを搭載しました。


画素数は130万画素、動画(640×480/30fps、AVI)、静止画(1280×960、JPG)撮影に対応。映像の色合いは、何度も微調整をしてノスタルジックな風合いを再現しています。液晶モニターはありませんので、後でパソコンなどで確認するまで「どう撮れたか」がわからないドキドキ感も、トイデジタルカメラならではの楽しみです。


レンズはF2.8(f=1.56mm)、ISO100、記録メディアはMicro SD/SDHC(最大16GB)に対応。USBケーブルでパソコンに接続して、データ転送や充電を行えます。サイズはW76×H73×D20mm、重さ24g、付属のフレンチカラーストラップでカバンなどにつけて持ち運べます。


FUUVIのスタッフさんによると、「昔の8mmカメラに憧れていたけれどハードルが高くて挑戦できなかったので、手軽に楽しめるような形で再現できないか」と2年前から『Bee』を企画。ファインダー撮影など「憧れ」の部分はそのままに、誰にでも扱えるトイデジタルムービーカメラを開発したそうです。

2GBのmicroSDカードを使用した場合、約45分のムービー(または約1万枚の静止画)を撮影可能。家族や友人との思い出を懐かしい色で記録して、10年後に振り返ったりしてみたい――ちょっとやさしい気持ちになるガジェットです。販売価格は4830円(税込み)、予約受付分の発送は12月16日予定。
 

 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP