体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

auスマートフォン『isai Beat』レビュー:サウンド機能編 Bang & Olufsenがチューニングしたこだわりの音をチェック[PR]

auスマートフォン『isai Beat』レビュー:サウンド機能編 Bang & Olufsenがチューニングしたこだわりの音をチェック[PR]

auが11月に発売したLGエレクトロニクス製スマートフォン『isai Beat』。2013年に発売された第1弾製品からハイレゾ音源の再生機能を搭載するなど、充実したサウンド機能が特徴のシリーズですが、『isai Beat』はBang & Olufsenのセカンドライン“B&O PLAY”ブランドを冠する製品。そのこだわりのサウンド機能を中心にレビューをお届けします。

32ビット Quad DACが実現する高音質

isaibeat_rev1_2

『isai Beat』は、デジタル信号をアナログに変換するDACをクアッド構成にした32ビット Quad DAC、2Vrmsヘッドホンアンプ、アナログボリュームコントロールを統合したESS Technology製のシステム・オン・チップ『ES9218 SABRE HiFi SOC』を搭載。DACをクアッド構成にすることにより、変換時に発生するノイズを削減して音質を向上しています。

isaibeat_rev1_3

設定メニューには「Hi-Fi Quad DAC」の項目があり、ヘッドホンやイヤホンをつないだ状態でONにすることが可能。

isaibeat_rev1_4

ハイレゾでない音源を聞く限り、ハイレゾ対応の高音質なヘッドホンでもハイレゾ非対応のイヤホンでも音の聞こえ方に大きな差は感じられません。どんなヘッドホンやイヤホンを使っても高音質に聞こえるように、音質が最適化されていることが分かります。

B&O PLAYによるチューニングで原音に近い音を再現

isaibeat_rev1_5

背面には“B&O PLAY”ロゴ。“オーディオ機器としてのスマートフォン”へのアイデンティティを感じさせます。

B&O PLAYによるチューニングとは、具体的にはどのような作業なのでしょうか。バング&オルフセンによると、「ただチップを載せただけでは不十分。チューニング前後で音の聞こえ方はまったく異なります」(バング&オルフセン ジャパン マーケティング&PRの神冬旗氏)とのこと。Bang & Olufsenのエンジニアが開発現場に出向き、直接パラメーターを調整しながらチューニングを施していくのだそうです。

これにより、原音に近い音が再現可能に。実はヘッドホンから聞くだけでなく、内蔵スピーカーから再生した音でもその実力は如実に感じられます。

isaibeat_rev1_6

前モデル『isai vivid』と『isai Beat』で、同じ音源を外部スピーカーから再生して聞き比べをしてみました。『isai Beat』で聞くとドラムの抜けが良く、空間が感じられる温かい音に聞こえる一方、『isai vivid』では若干厚みがなく、ノイズが乗った音に。あまりの違いに驚いてしまいました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会