体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好きだった給食メニューは? 「ソフト麺でラーメン」「七夕ゼリー」「タケちゃんマンライス」 ガジェット通信×アマノ食堂<思い出の給食フリーズドライ化企画>

4

最近はフリーズドライの技術が発達していて、どんな食べ物でもフリーズドライにできるらしい……。フリーズドライ食品って、保存のお手軽さもありますが、お湯で戻す時のワクワク感も楽しいですよね。

6

フリーズドライ食品を販売するアサヒグループ食品さんの“アマノフーズ”ブランドが運営するウェブマガジン『アマノ食堂』では、さまざまなフリーズドライ食品を紹介。鍋焼きうどんや果物、アイスまでフリーズドライに! 本当になんでもできそう!!

7

『まごころ出前』という連載は、思い出の味を再現してフリーズドライ食品で届けてくれる名物企画。フリーズドライ食品を作るだけでもすごいのに、思い出の味まで再現してくれるの? 試してみたい!

というわけでガジェット通信編集部からも、「みんなの思い出の味を作ってください!」とアマノフーズさんにお願いして『まごころ出前』をしてもらうことに。やったぜ!

1

“思い出の味”と言えば、やはり大人になると食べられない“学校給食”でしょう。アマノフーズさん立ち会いのもと、ガジェ通編集部みんなの思い出の給食をプレゼンしました。

みんなの思い出の給食は? 編集部で語ってみた

shnsk:うちはソース焼きそばは出たことがなくて、給食の焼きそばといえば塩焼きそばだった。きくらげとか人参とかが入ってて好きだったんだけど。ある日、なぜかその塩焼きそばに木の枝が入ってて、これはどこでどういう経緯で入ったものなんだ!? ってクラス中で大騒ぎになって思い出に残ってるメニュー。

non:私はビビンバが思い出の給食で、牛肉の細切りとほうれん草と炒り卵がごま油で炒めてあって。それをごはんに盛り付けて食べる。すごく美味しくて好きだったんだけど、子ども用に味付けしてあるので辛くない。だから初めて本当のビビンバを食べたときに「全然味が違う!」って衝撃を受けた思い出の味。

よしだ:(人気給食メニューの)正解出しちゃっていいですか? 揚げパンでしょ!

erini:きなこついたやつ?

よしだ:きなことチョコもありましたよ。

non:え! うちはチョコはない、若いからだ!

shnsk:でも油っこいから苦手な子もいたよね。食べ残しをビニール袋に入れて机の中に入れたまま持って帰るの忘れちゃったりさ。

3 (2)

藤本:ハンバーグなかったな、と思ったけど、豆腐ハンバーグだった。ひじきが入ってて。

よしだ:あとチリコンカン的なのありましたよね。

non:ないよ、若者だからだよ!

shnsk:カレーは人気あったけど、小麦粉使っててごねごねした感じ。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。