ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

好きだった給食メニューは? 「ソフト麺でラーメン」「七夕ゼリー」「タケちゃんマンライス」 ガジェット通信×アマノ食堂<思い出の給食フリーズドライ化企画>

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


最近はフリーズドライの技術が発達していて、どんな食べ物でもフリーズドライにできるらしい……。フリーズドライ食品って、保存のお手軽さもありますが、お湯で戻す時のワクワク感も楽しいですよね。


フリーズドライ食品を販売するアサヒグループ食品さんの“アマノフーズ”ブランドが運営するウェブマガジン『アマノ食堂』では、さまざまなフリーズドライ食品を紹介。鍋焼きうどんや果物、アイスまでフリーズドライに! 本当になんでもできそう!!


『まごころ出前』という連載は、思い出の味を再現してフリーズドライ食品で届けてくれる名物企画。フリーズドライ食品を作るだけでもすごいのに、思い出の味まで再現してくれるの? 試してみたい!

というわけでガジェット通信編集部からも、「みんなの思い出の味を作ってください!」とアマノフーズさんにお願いして『まごころ出前』をしてもらうことに。やったぜ!


“思い出の味”と言えば、やはり大人になると食べられない“学校給食”でしょう。アマノフーズさん立ち会いのもと、ガジェ通編集部みんなの思い出の給食をプレゼンしました。

みんなの思い出の給食は? 編集部で語ってみた

shnsk:うちはソース焼きそばは出たことがなくて、給食の焼きそばといえば塩焼きそばだった。きくらげとか人参とかが入ってて好きだったんだけど。ある日、なぜかその塩焼きそばに木の枝が入ってて、これはどこでどういう経緯で入ったものなんだ!? ってクラス中で大騒ぎになって思い出に残ってるメニュー。

non:私はビビンバが思い出の給食で、牛肉の細切りとほうれん草と炒り卵がごま油で炒めてあって。それをごはんに盛り付けて食べる。すごく美味しくて好きだったんだけど、子ども用に味付けしてあるので辛くない。だから初めて本当のビビンバを食べたときに「全然味が違う!」って衝撃を受けた思い出の味。

よしだ:(人気給食メニューの)正解出しちゃっていいですか? 揚げパンでしょ!

erini:きなこついたやつ?

よしだ:きなことチョコもありましたよ。

non:え! うちはチョコはない、若いからだ!

shnsk:でも油っこいから苦手な子もいたよね。食べ残しをビニール袋に入れて机の中に入れたまま持って帰るの忘れちゃったりさ。


藤本:ハンバーグなかったな、と思ったけど、豆腐ハンバーグだった。ひじきが入ってて。

よしだ:あとチリコンカン的なのありましたよね。

non:ないよ、若者だからだよ!

shnsk:カレーは人気あったけど、小麦粉使っててごねごねした感じ。

よしだ:確かにあのカレーはもう食べることがないかもしれないですね。

藤本:なんか白っぽくなかったですか?

erini:あとグリンピースが入ってた! 苦手で給食当番の人に頼んで、よそうときに入らないようにしてもらってた。

よしだ:わかめごはんってありましたね。

藤本:めっちゃ美味いよね。基本、白ごはんじゃない日は嬉しかった。ふりかけとかでわかめを混ぜる商品ってあるけど、給食のわかめごはんの味にはならないよね。

non:秋刀魚の蒲焼きも美味しかった。

erini:美味しかったけど、すごく硬かったよね(笑)。


shnsk:学校では出なかったんだけど、僕らが小学生のころ“タケちゃんマンライス”ってのがあったらしい。

non:へー! 時代ですね!

shnsk:今はミルクファイバーライスって言って、麦を混ぜた米を牛乳で炊いた炊き込みごはん。メニュー名を募集したら、当時タケちゃんマンが子どもに大人気だったから、投票で選ばれたらしいよ。

よしだ:今だったら権利関係で難しそうですね(笑)。

思い出の麺類あれこれ

non:ソフト麺って、もう作っている工場が減っていて、だんだん給食メニューからなくなっているらしいですよ。でも確か元から関西では出ないんですよね。

よしだ:ソフト麺は、ミートソース以外に味噌としょうゆとカレーがあった。

藤本:味噌ラーメンはもやしがクタクタで美味しかったな。

erini:七夕の時期に、七夕そうめんってあったよね。輪切りのオクラが星で、そうめんが天の川を見立ててるやつ。

藤本:あったあった、超懐かしい(笑)。七夕ゼリーもあった。

non:七夕ゼリー大好き! デザートは凍ったリンゴと凍った輪切りのパインが好きだったな。

erini:冷凍みかんも美味しい。

wosa:ワインゼリーは?

藤本:あれなんだったんでしょうね(笑)。懐かしい。

wosa:春雨サラダはみかん入りだった。

non:え、みかん入ってないですよ。

藤本:
春雨サラダには入ってないけど、パスタサラダにはみかん入ってた。

non:あった! パスタサラダ懐かしい!!

「自分で完成させてね」メニュー

erini:コッペパンと焼きそばは一緒に出てきて、勝手に挟んで焼きそばパンにする。

wosa:ハンバーグとレタスとコッペパンの日もあって、ハンバーガー作るんだろ? ってメッセージが込められてる。

non:
パインや黄桃、レーズンが入った甘いフルーツクリームと食パンが出て、食パンに挟んでフルーツサンドにして食べてた。

ご当地メニューも思い出に

藤本:長野は松茸ごはんがありました。混ざっているのは松茸じゃないきのこで、ほんのり香り付け程度に松茸使ってたんじゃないかな。あと手巻き寿司の日があって、具材として山ごぼうが入っててすごく嫌だった。

non:千葉は味噌ピーが給食にも出ました。うちはビニールの個包装で袋の端を切って、1粒ずつ押し出して食べるワンハンドスタイル。

erini:関西だと、小学校6年間で1回だけ納豆が出た。出てもやっぱり大半が食べられないんだけどね。


また、個人的に思い出に残っているのが、カレー風味のシチューに柔らかい肉団子とマカロニとグリンピースが入ったメニュー。かなり特徴のあるメニューなのですが、千葉県出身の方、覚えていないでしょうか? 苦手だったなぁ(笑)。

他にも「カレーの日は三角パックのオレンジジュース」、「液体のミルメークがあった」など牛乳以外の飲み物の話題や、「チーズがよく出たよね」、「何かとカレー風味にしたがる」、「グリンピース入れがち」といった、給食あるあるで盛り上がった思い出の給食語り。話すとだんだん思い出してくる!

編集部で挙がったメニューの数々の中から、アマノフーズさんでチョイスしてチャレンジしてもらうことに。さて、フリーズドライで再現される給食メニューは何になるのか!? 続報にご期待ください!

『アマノ食堂』では『まごころ出前』のほかにも、旬の食材活用法を紹介するコラム、アマノ食堂を訪れたお客さんの“おいしいお話”が聞ける対談企画、開発担当者がフリーズドライ食品開発の舞台裏を紹介するコラムなど、読み応えのあるコンテンツが充実。読むとおなかが空いてきますよ!

アマノ食堂:
http://amanoshokudo.jp/

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。