体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「パパ!勝手に部屋に入ってこないで!!」最悪の展開!密会現場を見られて、絶体絶命の大ピンチ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

genji-28b

正月から約半年が過ぎ、源氏25歳の夏。彼は、気の合う仲間と引きこもりライフを謳歌していました。源氏はたくさんの詩歌を作っては自画自賛、頭の中将は子連れで参加し、アットホームな集まりを楽しみます。

読者サービス?いろんな意味でスゴイ、源氏の比喩

梅雨の頃、バラがきれいに咲いています。蒸し暑い時期なので、源氏がシースルーの衣を着てくつろいでいる様子は「きれいなお肌が透けてなんとも美しい」。いきなりセクシー!源氏物語の読者は、リアル後宮の女性たちでしたから、こういうサービスカットも入れておくとウケたのかも。

頭の中将は「源氏の君は、今朝咲いたバラにも負けないね」と褒め称え、同席した年寄りの学者たちは歌の歌詞を引用して「逢わずにいられない、小百合の花の」と唱和します。これにはさすがの源氏も照れて苦笑です。

バラだのユリだの、美しい花の例えは女性ではなく、源氏のため!源氏の性別を超えた美しさの表現は何度も出てきますが、桜がとても多いのに対して、バラが出て来るシーンは珍しいです。

バラは中国から入ってきた植物で、ここでは漢詩を披露していたのに引っ掛けて言っています。平安時代なのでいろいろ誇張した表現は多いのですが、それにしてもこの、歯の浮くようなキザなセリフを、男が男に言っているというのがダブルでスゴイです。いろんな意味で。

最悪の展開!彼女の部屋でイチャついてたらお父さんが…

同じ頃、朧月夜が瘧(おこり・マラリア)にかかって、実家で休んでいました。「私、今実家に帰ってるの。体調も良くなってきたからちょっと来ない?」というわけで、源氏は毎晩夜這いに行きます。源氏は右大臣の親族に嫌味を言われたのがひっかかって、ちょっと疎遠になっていたのですが、ここで一気に盛り上がります。

ムチムチ美女だった朧月夜は、病気でやつれてちょっとスッキリ。女ざかりの色気が匂うようです。同じ屋根の下には、源氏を目の敵にしている右大臣(もう太政大臣なのですが、引き続き右大臣で表記)と、太后もいます。バレるかもと思うとゾクゾクする!この2人はこんなことばっかりですね。

当然ながら毎晩男が来るのがバレないはずもなく、気がつく者もいましたが、面倒なのでみんなスルー対応を通しています。

激しい雷雨の日でした。源氏は夜のうちに帰るつもりでしたが、雷を怖がって、朧月夜の部屋に女房たちが避難。寝台のあたりにも女房たちがぎっちり詰めていて、源氏をこっそり脱出させるすべがありません。

雷が遠のいた頃、唐突に部屋の御簾がさっと上げられて、中に入りながら「本当にひどい雷だったね。怖かったろう、大丈夫かね」。早口で落ち着きのないしゃべり方は右大臣です。どうも雨の音に紛れて、足音がわからなかったらしい。

朧月夜は大慌てで衣を引っ掛けて出ていきました。こっそり部屋で彼とやってたら親が来ちゃった、という最悪の展開です。

「おや?顔が赤いね。まだ熱があるのかな。もっとしっかり祈祷を…」。娘の様子が変なのを怪しんで見渡すと、彼女の衣のすそに男物の帯がくっついています。更に、男の字で何やら愛の言葉が書いてある紙もちらほら…。

右大臣は驚いて「その帯は何だね。この字は誰が書いたんだ。ちょっとパパに見せなさい」。朧月夜はもうしどろもどろ。右大臣はズカズカと踏み込んで紙を広い、寝台の中をのぞきました。プライバシーの侵害ですよ!

そこには源氏が優雅に横たわっていました。右大臣と目があって初めて、申し訳程度に顔を隠す素振りをするのがまた、非常にふてぶてしい。右大臣は怒りと驚きでカンカンですが、源氏をドヤしつけることもできず、書き散らしの紙を手に去っていきました。

「まったくけしからん男!」怒りの源氏追放作戦

右大臣は短気で、何事も胸におさめておく、というのができない性格。さらに加齢も手伝って偏屈なオジサンです。彼は証拠の紙を見せ、すべてを太后に報告しました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy