体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイミングがすべてハマった。大ヒット映画『君の名は。』チームの作品づくりとは(ベストチーム・オブ・ザ・イヤー)

037297f53b4a5e3dc3122a1473bcbc5e00316bec-thumb-700xauto-7484

タイミングがすべてハマった。大ヒット映画『君の名は。』チームの作品づくりとは

2016年8月26日に公開され、12月現在もロングラン上映が続いている大ヒットアニメ映画『君の名は。』。12月6日には「千と千尋の神隠し」以来の興行収入200憶円超えとなり、再び話題になりました。
新海誠監督をはじめ、各界の精鋭が集まったこのチームはいかにして作り上げられたのか、またなぜ大ヒットにつながる作品作りができたのでしょうか。
今回はチームを代表して『君の名は。』エグゼクティブプロデューサー古澤佳寛さんにお話を伺いました。

DSC_2251

授賞式でのチームの様子。真ん中がエグゼクティブプロデューサー古澤佳寛さん

さまざまな要素と思いを「詰め込んだ」作品

先日はベストチーム・オブ・ザ・イヤーの表彰式にお越しいただきありがとうございました。檀上のご挨拶で、細かいところにこだわって情報を詰め込んだと言われていましたね。

監督は、この作品を「思春期の人たちに投げたかった」と仰っていたんです。思春期の人たちは、まだ自分が好きなものが定まっていません。だからこそ、この作品に詰めた音楽、映像、ストーリーなどいろいろな要素の中から好きなものを選んでもらえるように、過剰に「詰め込んだ」ということを、舞台上で話したと思います。

携帯電話の音質までこだわられていますよね。三葉の携帯のほうがちょっと古い感じがしたり。

そこのディティールに関してもこだわっていますね。今は107分という尺ですが、当初ビデオコンテの段階では120分近くあったんです。そこから少しでもカットを減らして、お客さんに1秒たりとも退屈な時間を持たせないように詰めていきました。

監督は4回くらい見ても楽しめるように作っていると言っていました。1回では気づかないレベルのカットがたくさんあるんですよ。

でも、作り方としては、細かいところをやっていったというより、ストーリーと言う大きな部分に対して特に力を入れてやっていきました。

期待を裏切らず、でも予想は裏切る

最近は原作がある作品が多いですが、『君の名は。』はどういった進め方をされたのでしょうか。

最初に企画書と言う形で監督が、今の『君の名は。』に限りなく近い設計図が出され、ベースとなるプロットも書かれていました。そこから制作チームみんなで「監督の今までのいいところを全部入れていくような作品にしましょう」と進めていったんです。

過去の新海監督の作品では、例えば、『ほしのこえ』では時空、『言の葉の庭』では年の差と、何かしら「距離が隔たっている男女」という点に共感が持たれていました。ほかには映像的な美しさ、一番気持ちいいところでかけられる音楽などが、全部入っているようなものにしようとしたんです。


企画書段階で「今の作品に限りなく近い」とのことですが、最初はどんな話にしようというところから始まったのですか?

作品の最後に男女が出会う話にしたかったということで、そこから男女が入れ替わるというモチーフが生まれてきました。2011年の震災の影響もあり、今の日本人が持っている「あの頃に戻れたら」「誰かを救えたら」という思いも落とし込まれています。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。