体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラジカセは絶滅したポータブルオーディオ黄金期の勇者達【松崎順一インタビュー】

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3

– INTRODUCTION –
ごっつい外観、果てしなく重い。スピーカーから流れくる音楽は心地よいスローバラード。 世の中に、これほどいとおしく、愛くるしい存在の機械があるだろうか?
高度成長期の真只中、雨後の筍のように世の中に現れ、古代の恐竜のようにあっと言う間に市場から絶滅したポータブルオーディオ黄金期の勇者達である。
松崎順一

今年4月、大阪で開催され話題を集めた日本発アナログ合体家電「大ラジカセ展」が遂に東京に! 12月27日(火)まで、東京・池袋のパルコミュージアムに、100台の貴重なヴィンテージ・ラジカセが集合しています。

本展の監修は、ビジュアルブック『ラジカセのデザイン! 増補改訂版』(立東舎)の著者である松崎順一さん。日々廃棄された家電を発掘し、日本のみならず世界へ古い家電を蒐集し廻り現代に蘇らせている、日本随一の家電蒐集家に、早速お話を聞いてみましょう!

matsuzaki

ーーー今回の「大ラジカセ展」はどんなところが見所ですか?

松崎さん 「見所はすべてなのですが、ラジカセは写真だと立体感が分からないのがあり、ラジカセのデザインは立体感をぜひ見て欲しい。見る角度によって様々な表情があります。」

ーーー大阪での展示からパワーアップした点はありますか?

松崎さん 「今回は会場が広くなったのでラジカセのカタログを厳選して展示しています。様々なラジカセの背景、時代感も感じて頂けると嬉しいです。そしてカセットは語るコーナーでも参加アーティストが増えてますます見応えが増しています。今回は本当に必見ですよ!」

松崎順一のお気に入りラジカセ5

ーーー著書『ラジカセのデザイン! 増補改訂版』(立東舎)では貴重なヴィンテージ・ラジカセがたくさん紹介されていますが、その中で松崎さんのベスト5をあげるとしたら?

SONY CF-1980mk2
松崎さん 「当時憧れた一番大好きなラジカセです。」

sony-fx-300

SONY FX-300
松崎さん 「ラジカセの中では、さすがSONYのデザインは最高で、今でもコンディションの良い物を探しています。」

aiwa-cs-80

AIWA CS-80
松崎さん 「“仮面ライダーのマスク”そのものに見えて、なぜかそそられます。」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会