ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゲーム『桃太郎電鉄』シリーズが終了 コナミによる買収でクリエイター離れ原因

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『桃鉄』シリーズの終了を宣言したさくま氏

 『桃太郎電鉄』シリーズが終了する。ゲームクリエイターで『桃太郎電鉄』シリーズ生みの親であるさくまあきら氏は2011年12月11日夜、ニコニコ生放送の番組「小池一夫のニコニコキャラクター塾!」で、来年1月に発売されるドコモ携帯向けの『桃太郎電鉄 東海編』を最後にシリーズを終了させることを明らかにした。

 さくま氏は『桃太郎電鉄』の生みの親で20年以上に渡りシリーズを作ってきたが、番組では2012年1月リリースの携帯電話向け『東海編』を最後にシリーズを終了させることを宣言した。司会の漫画原作者・小池一夫氏から「なんか裏がありそうだな」とその理由を尋ねられたさくま氏は、同シリーズを発売してきたハドソンが同じくゲームメーカー・コナミの完全子会社になったことに触れ、

「(ハドソンには)10年間僕と一緒にゲームを作ってきた優秀な連中がいたから、ゲームを作ってこられた。だが、この4人のトップレギュラーのうち3人が新しい会社は息苦しいと言って辞めた」

と語り、「あのメンバーを作るのに10年かかった。同じものをまた作るのは難しい」と終了に至った経緯を説明。今後も過去タイトルの移植が発売される可能性は残しつつも、新作が出ることはないとした。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送] 『桃太郎電鉄』シリーズ終了の告知から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv72682607?po=news&ref=news#1:39:20

(土井大輔)

【関連記事】
「ゲームを通じてナイフに興味」 埼玉刺傷事件の男子生徒発言にネット騒然
モバゲー「怪盗ロワイヤル」、飽きさせないための工夫は”1日3回ゲーム調整”
「東方」二次創作が流行った理由は「続編のつくりやすさ」と「アンチ商業」
『FF』セフィロスやボーカロイド「Lily」に歓声 コスプレの祭典inニコファーレ写真集(3)
グリー田中社長、DeNA訴訟に言及 「ネット業界には罪を犯してでも勝てばいいという人が横行」

カテゴリー : ゲーム タグ :
ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。