体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【開発者さんのキモチ】敏感な子どもにも選ばれる安心の肌触り! ベルメゾンのヒートインナー『ホットコット』開発担当・田島涼子さん(ガジェット通信)

生活・趣味
TOP

ガジェット通信「開発者さんのキモチ」取材班です。

ユーザーの中にある「こんなのあったらいいな」というキモチと、開発者のそれを実現したいというキモチが触れ合ったとき、新しい製品・サービスが生まれることがあります。

この企画では、ユーザーさんのキモチに気づいた開発者さんがどんなキモチで開発に挑んだのかを探ります。

●どんな人が開発しているのか
●ユーザーのどんなキモチに気づいたのか
●それに応えるため、どんなキモチで開発に挑んだのか

この3点を中心に、開発にまつわるさまざまな話をきいてきました。

IMG_8364_f

今回お話を聞いた開発者さんは、今の寒い時期に大活躍するベルメゾンのあったかヒートインナー『Hotcott(ホットコット)』を担当する千趣会の田島涼子さん。
※ベルメゾンを運営しているのが千趣会。

まだ『ホットコット』の名前が付いていなかったベルメゾンのヒートインナーは、8年ほど前から商品展開がスタート。だんだんとヒートインナーの注目度が上がったため、6年前に『ホットコット』としてデビュー! 今年2016年秋に全面リニューアルしました。

さらにこの秋から、通販だけでなく、PLAZAの店頭でも買えるようになったんですよ! 

女性のマインドの変化で選ぶものが変わった

さまざまな会社がヒートインナーを展開する中、『ホットコット』の特徴はずばり、天然素材の綿(めん)にこだわった肌触りの良さ。綿95%の新素材を開発しました。

IMG_8338_f

田島さんは、10年くらいずっと女性が身につけるインナーの開発を担当。10年前と比べると、女性のマインドが変化してきたと言います。

すごく変わったと感じるのは、昔は「キレイに見せたい!」という気持ちが強く、シルエットを重視した機能ブラなどの需要が高かったそうですが、最近は“自分が快適に心地よく”を重要視して選ばれるようになったこと。

田島さん自身も10年携わり体の変化を直に感じているので、ユーザーの方と同じように、今までの「キレイに見せたい」から「かゆくなりにくい、快適なもの」へ選ぶ視点が変わってきたそうです。

あなたが気づいたユーザーのキモチを教えてください

IMG_8189_f

――ユーザーさんのどんなキモチに気付いて、今回ブランド全体で生まれ変わることにしたのでしょうか?

1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会