体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結婚後も出産後も仕事を続けたい女性増加!住まいはどうあるべき

生活・趣味
結婚後も出産後も仕事を続けたい女性増加!住まいはどうあるべき

独身女性の多くが「結婚後も」「出産後も」仕事を続けたいと考えていることが、厚生労働省の「21世紀成年者縦断調査」で分かった。男女ともに、家事や育児では同様に責任をもつ家庭を望んでいることから、家事や育児を夫妻でシェアできる住まいについても考えてみたい。【今週の住活トピック】

「21世紀成年者縦断調査(平成24年成年者)」を公表/厚生労働省

家事や育児は、「夫妻で同様に責任をもつ家庭」を望む人が多数

この調査は、調査対象となった男女の結婚、出産、就業等の実態や意識の経年変化の状況を継続的に観察するもの。「平成24年成年者調査」は、平成24年10月末時点で20~29歳だった全国の男女(平成27年11月の調査時では23歳~32歳の1万4300人)を対象としている。

独身だった人にこの3年間の結婚の状態を聞くと、男性で13.8%、女性で21.4%が結婚していた。平成24年の調査時に、「結婚意欲あり」と回答した人のほうが、「結婚意欲なし」より結婚した割合が高いことも分かった。

また、「世帯の収入」「家事」「育児」についての家庭観をみると、男女ともに「家事」と「育児」では「夫妻いずれも同様に責任をもつ家庭」を望む人が過半数だった。特に「育児」では、7割を超える男女が夫妻同様を支持している。一方、「世帯の収入」では、男性では「夫妻いずれも同様に責任をもつ家庭」が最多だったが、女性では「夫が主として責任をもつ家庭」がわずかに多く、逆転する結果となった。【画像1】独身者の性別にみた家庭観の状況【24年調査で独身だった人に平成27年11月に調査した結果】(出典/厚生労働省「21世紀成年者縦断調査(平成24年成年者第4回調査)」よりデータ抜粋し、編集部にて作成)

【画像1】独身者の性別にみた家庭観の状況【24年調査で独身だった人に平成27年11月に調査した結果】(出典/厚生労働省「21世紀成年者縦断調査(平成24年成年者第4回調査)」よりデータ抜粋し、編集部にて作成)

「結婚後」も仕事を続けたい独身女性の65.1%は「出産後」も続けたい

仕事をもっている独身女性について、「結婚後」の就業継続意欲を聞くと、44.6%が「結婚した後も続ける」と回答し、「結婚を機にやめる」は17.1%だった。

さらに、結婚後も仕事を続けると回答した人に、「出産後」の就業継続意欲を聞くと、「出産した後も続ける」は65.1%となり、結婚や出産を経ても仕事を続ける意欲が高い女性が多いことがうかがえる結果となった。【画像2】独身女性の就業継続意欲の状況(出典/厚生労働省「21世紀成年者縦断調査(平成24年成年者第4回調査)」よりデータ抜粋し、編集部にて作成)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会