ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「未来永劫、あなたに執着し続けます」魂のストーカー宣言!愛の呪縛に囚われた男~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

政権交代後、宮中ではとにかく居心地の悪い源氏。引きこもりがちに過ごす中、気になるのは最愛の人、藤壺の宮(以下、宮)と我が子皇太子のことでした。宮も桐壺院(以下、院)が亡くなってからは、源氏が頼みなのですが、未だに諦めない彼のつきまといが悩みのタネ。今日は生霊よりも怖いかもしれない、愛の呪縛のエピソードです。

プライベートな愛欲煩悩のご相談は仏さまに

「院は私達のことをなにもご存じないまま崩御された。それだけでも恐ろしいのに、また罪を重ねることがあっては、我が子に恐ろしい災難が降りかかるだろう」。宮は発覚を怖れ、僧に「源氏の恋心がなくなるように」という祈祷まで依頼します。

筆者は、参考資料にと源氏物語よりも以前に書かれた『宇津保(うつほ)物語』を読んでみました。その中には自分の子供の法要をやってる横で、それとは知らず恋愛成就の祈願をする父親とか、僧侶自身が自分の恋を叶えようと気合い入れて祈るシーンが登場。そんなんでいいのか!と突っ込みましたがプライベートな愛欲煩悩の世界も仏様さまに!というのが面白かったです。

宮の願いもむなしく、ガードを徹底したのにも関わらず源氏が忍び込んできました。今回は内通者もおらず、ゲリラ的。泥棒か!源氏も身分が高くなっているので、取り巻きなしで行動し、こっそり忍び込むのは相当難しいはずなのですが…。

源氏は言葉を尽くして思いの丈をぶつけますが、宮は情にほだされまいと頑張り、ついに胸の発作を起こして倒れます。急病に他の女房たちもバタバタしだし、兄の兵部卿宮(紫の上の父)などもお見舞いに来て、大騒ぎです。

二人の秘密を知る女房の手で、源氏は塗籠(ぬりごめ・出入り口が1つしかない物置部屋)にかくまわれます。宮が取りあってくれないのがショックで、世の中すべてが真っ暗になったような気分。暗い塗籠で源氏は放心していました。

宮の容態は1日経ってようやく落ち着き、お見舞いの人も帰って静かになります。まだ源氏が塗籠にいるとは知りません。女房たちは(お知らせしたら発作がぶり返すわ)。さすがに丸1日も経てばあきらめて帰ってるだろう、というのが普通ですよね。

源氏は様子をうかがって塗籠から抜け出し、宮の部屋へそっと出てきました。源氏がのぞいているとも知らず、宮は「ああ、まだとても苦しいわ…このまま死んでしまうのかしら」。差し出された果物には見向きもせず、思い悩んだ風で一点を見つめています。その姿はたとえようもなく優美です。

彼女の警戒心のない横顔を見るのは何年ぶりでしょう。源氏は感激し、涙を流して見入ります。(ああ、なんて紫の上に似ているんだろう!)逆、逆!紫の上がこの人に似てるんだよ!

源氏はここ数年、紫の上の方を見慣れていたので、ここで2人がそっくりだということをあらためて実感。紫の上をゲットしておいてよかったなあ、とちょっとだけ気持ちが晴れます。しかし「やっぱり宮は別格だ。ますます美しく素晴らしくなられる」。もう初恋の人とかなんとかいうより、『藤壺の宮フェチ』みたいな感じですね。

愛の呪縛、手に巻かれた長い黒髪

源氏は我慢ができず、宮の衣の裾を引っ張ります。源氏の薫りがさっと漂ったので、宮は驚くやら呆れるやら。源氏が押さえた衣だけを脱いで、トカゲの尻尾きり状態にして這い出して逃げようとするも、源氏の手には宮の長い長い髪の毛が絡め取られています。

十二単の襲(普段は3~5枚程度重ねる)は、袖口のグラデーションを見せるため、下が大きく上が小さい重ね着です。そのため、いざという時(?)はまとめて着脱でき、下着と袴になれるとか。でも衣の脱げても、髪は捨てられない!源氏に髪を取られて反り返る宮の体、平安時代の長い髪だからできる、ラブシーンの表現。官能的です。

宮は運命のすべてを哀しく思いました。源氏は理性を忘れ、狂ったように宮への想いを切々と訴えます。愛の言葉には応えず、「とても具合が悪いので…」としか言わない宮。彼女の「絶対に過ちを繰り返さない」という決意は固く、あくまでも柔らかく源氏を拒み通します。

源氏が絶賛する宮の良さ、それは犯しがたい気品です。源氏も力づくで宮を従わせることはせず、ひたすら独り言をぶちまけて夜明けが来ました。

「今日のところはこれでいいです。今後、近くで私の気持ちを聞いてくれるなら、それ以上の無礼は働きませんから」。これも宮の警戒を解く方便なのですが、そんな手に乗る彼女ではありません。宮はもう半分死んだようになっています。

夜も明けてしまい、人目については大変と、秘密を知る女房たちが慌てますが、なかなか帰らない源氏。しまいには「たとえ死んでもあなたへの想いは変わらない。何度転生しても、未来永劫あなたに執着し続けます」。言葉のあや、そして両思いとは言え、未来永劫つきまとうとか、怖すぎ。

仏教の世界では、執着を残す方はもちろん、残される相手も罪深い、ということになっているそう。ここまできたら愛情というよりは呪縛です。生霊になる六条よりも怖いかも。

愛の呪縛に囚われた源氏は、この一連の場面では『をとこ』と書かれています。『をのこ』は今で言う男性、という意味合いに近く、『をとこ』は、夫や情夫といった性的な意味合いを持つので、使い分けられるんですね。

理性を失って迫る源氏は、恋に狂ったただの『をとこ』。対して、もう絶対に間違いを犯さない!と踏みとどまる宮は、『をんな』ではない…。というところがポイント。それにしても、どうやって侵入したのか?丸1日もいて、怪しまれなかったのか?トイレなどはどうしていたのか?など、数々の疑問が残るシーンでもあります。

根に持つ源氏、恋よりも我が子を取る宮

源氏は宮に拒まれたことを根に持って、「向こうがかわいそうだと思ってくれるまで、もう皇太子にも付き添わないし、手紙もしない!」。スネまくった挙句「世の中には嫌なことが多すぎる。もう出家しようか」。でも、自分だけを頼りにしている紫の上がかわいそうで、そんなこともできません。

源氏は自分にされた仕打ちを忘れず、あとあとしっかり報復していく辺りがエグい男。源氏はこのあと、雲林院(ういんりん)という所に参詣し、亡き母・桐壺更衣の兄が僧になっているお寺に行って、お寺で引きこもりライフを送ります。

宮もあの一件が尾を引いて、普段通りではありません。皇太子を守るためには源氏をひきつけておかないといけないのに、源氏に出家されては大変。でも源氏があんな風にたびたび言い寄ってきたら、いつか根負けしてしまう。どうしたらいいだろう?

院は、後ろ盾のない皇太子を守るため、宮を中宮という位に就け、源氏を後見人に選びました。ところが、太后や右大臣がのさばる世の中になってから、今やそれも形式だけのもの。

宮の脳裏にはある故事がよぎります。中国の前漢の時代に、高祖に寵愛された妃と皇太子が、彼の死後、太后に廃されて、四肢切断され、目と耳と喉を潰され、厠に投げ込まれて人豚と呼ばれて惨殺された『戚夫人』の話です。

「あんなことまでされないまでも、このままでは何か起こるに違いない。いっそ出家しよう」。その前にひと目息子に会おうと、宮中に参内しました。

皇太子は6歳になり、しばらく見ない間にすっかり成長。久しぶりにお母様に逢えたのが嬉しく、ずっと甘えてくっついています。しばらく来ない間に、宮中の空気が変わり、ただこうして我が子に面会に来るだけでも、太后側に不快がられて辛い限りです。

宮は「しばらく会わない間に、私の姿が変わったらどう思う?」皇太子は不思議そうにじっと見つめ「お母様が、式部(女房の名前)のようになるの?そんなことないでしょう」。と無邪気に笑います。

「式部は年を取ったのであんな風になったのよ。そうじゃなくて、髪はもっと短くなって、僧のような黒い衣を着るの。そうなると、今よりもっと会えなくなるでしょうね」。「今だって、なかなかお会い出来なくて寂しいのに」。母に涙を見せまいと、いじらしく顔を背けます。

皇太子は、ますます源氏にソックリ。目元、髪の様子、笑った時に奥歯が少し虫歯になって見えるのも可愛らしく、女の子にしたいような愛らしさ。それにしても「こんなに似ていたら、出生の疑いを持たれるかも」。宮が絶対に源氏と関係しない、と思い決めているのも当然、既にここに源氏の子がいるわけですから。

母は強し。我が子を守るためにはどんなことでもしよう!と宮も思います。そのためには源氏に絡め取られた長い黒髪を切り落とし、出家することが最善の道。恋よりも我が子を取る、母としての宮の成長が印象的です。

簡単なあらすじや相関図はこちらのサイトが参考になります。

3分で読む源氏物語 http://genji.choice8989.info/index.html
源氏物語の世界 再編集版 http://www.genji-monogatari.net/

(画像は筆者作成)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 相澤マイコ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP