体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高畑充希が歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」解禁、映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』主題歌

エンタメ
高畑充希が歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」解禁、映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』主題歌

神山健治監督の最新作、映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の主題歌で、高畑充希が歌う「デイ・ドリーム・ビリーバー」が完成し、予告編とともに解禁された。

「デイ・ドリーム・ビリーバー」は、1967年に発表されたモンキーズのオリジナルを、忌野清志郎によく似た人物“ZERRY”が率いる4人組覆面バンド、THE TIMERSが日本語訳でカバーした名曲だ。

「映画のエンディングで流れる主題歌もストーリーの一部」と考える神山監督は、まるで映画のストーリーをなぞらえて、主人公の気持ちを代弁するかのように「夢」と「去った人への想い」を歌ったこの曲を、主人公の声を演じる高畑充希に熱烈オファー。そして今回、高畑充希自身の名義ではなく森川ココネとして歌うこととなった。高畑は、「清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました。」とコメントしている。

本作は、『東のエデン』『攻殻機動隊 S.A.C.』を代表作とする神山健治監督が手がける初の劇場オリジナル長編アニメーション。2017年3月18日より公開される。

◎神山健治監督コメント
高畑さんは歌い手としても優れていることは分かっていましたが、「デイ・ドリーム・ビリーバー」を最初に聞いた時、思わずニヤニヤしてしまうくらい嬉しかったです。音楽としても素晴らしい。この楽曲は高畑さんでなければ意味がありません。“高畑さんが演じる森川ココネ”に歌ってもらうことで作品が完成すると言っても良いくらいです。主題歌を引き受けて頂き、非常に嬉しく思います。

◎高畑充希コメント
自分が声優をつとめた作品で、主題歌も担当するのは初めての挑戦です。しかも凄く好きな曲を。やはり私の中では清志郎さんの素敵なイメージが未だに鮮やかで、カバーするには勇気が必要だと思いましたし、私で大丈夫かなという不安な気持ちはありました。ですが、役がそのまま唄うようにエンドロールに入っていきたいと監督がおっしゃったので、それだったら面白いのではないかと思い、チャレンジさせていただく事になりました。清志郎さんとはまた違った、ココネからの目線で楽曲を見られたらいいなと思い、この最高にカッコイイ曲を全力で楽しむことに集中しました。ココネから見えた「デイ・ドリーム・ビリーバー」も、よろしくお願いします。

◎予告編
https://youtu.be/lwosha9tmDs

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会